コーヒー豆の美味しさを測ろう

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

美味しいコーヒーとは?

美味しいコーヒーとはどのようなものでしょうか?
苦くて、いい香りがするコーヒー。豆本来の味が出ているコーヒー。

”美味しい“とは主観的な考え方であるため、良いコーヒーと悪いコーヒーに分ける考え方もあるようです。

ひどく曖昧な疑問ですが、コーヒーを飲むもの誰しもが一度は考えることだと思います。

先にも述べたように、美味しいとは主観的な感じ方です。

ただやはり、美味しいコーヒーは美味しいコーヒー豆から作られるというのは、間違いがなさそうです。

コーヒーの味は豆が8割残りが2割なんて言われていたりしますからね!

つまり美味しいコーヒーを淹れる為には、美味しいコーヒー豆を手に入れなければなりません。

実際に美味しい豆を自分で挽いて淹れるだけで中々満足のいくコーヒーが飲めます。

まずは自分の好みに合った豆を手に入れましょう!

と、言ってしまうのは簡単ですが、ぶっちゃけこれがなかなか難しいです。
オススメを聞いて買ってみたのはいいものの、

何故か美味しくない。

自分でコーヒーを淹れて、美味しくなかった時一番最初に思うのは淹れ方が悪かったのではないか?という点かと思います。

敢えて断言させていただきますが、その悩みはコーヒーを淹れて何年経とうと消える事のない悩みです。

そんな悩みに対する一つのアプローチの仕方として、今回は記事を書かせていただきました。

美味しさを測るものさしを手にいれる

コーヒー豆の味を把握するためには、美味しいコーヒーを淹れるのとは異なる技術が必要です。

味の正確性、どちらかといえば味の再現性というべきでしょうか。

自分好みのコーヒー豆の味を確認するのに、淹れるたびに味が変わるのでは話になりません。

例えばペーパードリップの場合、分量、レシピを同じにしても確かな技術がなければ、味にはムラが出てきます。

そのため、普段ペーパードリップで淹れる方も、ペーパードリップだけで豆の個性を把握するのは難しいです。

もちろん、提供する前段階になってくれば、ペーパードリップでの調整も必要になってきますが、基本的にはまずカッピングをします。

カッピングとは?

ドライ、クラスト、ブレイク、ティスティングの4行程からなるコーヒー豆の評価方法です。

ドライ→挽いた後の豆の匂いを確認する。
クラスト→お湯を注いだ後の匂いを確認する。
ブレイク→クラストから4分後に表面に浮かんだ粉をスプーンで沈めるように混ぜ、匂いを確認する。
ティスティング→表面の粉や泡を取り除いて、スプーンですくって味を確認する。ティスティングは冷めていく過程の味も確認する為、何度も行います。

しかし、このカッピング……簡単そうに見えて意外と面倒です。
ティスティングは吸い込むようにして、味を確認するのですが、吸い込み方にコツがいったり、味の確認に思ったより時間がかかったりします。

また、香りの弱い豆では評価がしづらかったりと、スペシャリティコーヒー向けの評価方法でもあります。

オススメしたいフレンチプレス

カッピングについて簡単に、説明させていただきましたが、基本的には、一般家庭向けではありません。
例えば、専用のスプーンやカッピング専用のカップもそれなりの値段がします。

ここで、私が提案させていただきますのが、このフレンチプレスになります。

フレンチプレスの最大の長所は誰が入れても同じ味にする事が出来る点にあると思います。

一言でいえば、味の再現性が高い。抽出ムラが出にくいです。

見てください、このスタイリッシュなボディ

はい、早速淹れていきましょう。

まずは、レシピから
コーヒー粉(中粗挽き) 16g
お湯(90℃)300ml

流れとしては、ゆっくりと全てのお湯を入れてから3分後に攪拌して、プランジャーおろします。

ドライ

挽いた後の豆の香りを確認します。香ばしい香りがしますね。香りが爆発的に広がってます。
まるで、香りの宝石箱や〜。

クラスト

一気にお湯を注いで匂いを確認します。

通常のフレンチプレスでは間に、30秒ほど蒸らしを挟んだりしますが、今回は敢えてなしでいきます。

ちなみに思いっきり吸い込むと鼻に当たる湯気が熱いです。肺が焼けるかとおもいました。

ブレイク

3分後に粉を沈めるように攪拌して香りを確認します。

香りが広がりますね。美味しそうです!

ティスティング

ゆっくりと味わいましょう!
冷めていく過程も楽しんでいきます。私はコーヒー好きにあるまじき猫舌なので、かなり冷えたくらいが大好きです(笑)

後天的に培われる味覚

美味しいコーヒーとは、何か?

今回の結論としては、人それぞれ異なる。という形で話を進めてきました。
そして、本記事を通して、好みの豆の探し方をフレンチプレスという形で提案させていただきました。

しかし、実際には好みの豆の探し方なんてものは、十人十色あるかと思います。
例えば、本格的なカフェで勤めている方は常日頃カッピングの機会に恵まれているかも知れません。
とにかく淹れて飲んでみる、という形もそれはそれで間違い無いと思います。

好みの豆を探す上で、というよりもコーヒーを美味しく飲むための秘訣は、楽しんで飲むことだと思います。

味覚とは経験、もっといえば記憶から培われていくものです。

美味しいコーヒーとは、良い記憶と共にある!

なんとなくいい感じにまとめたところで、最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければ、こちらもお読みください。今回使用したケニア マサイAAの飲んでみた記事です。

タイトルとURLをコピーしました