コーヒー生産各国の収穫期一覧

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

コーヒー生産国と収穫期一覧

生産国収穫期(月)地域
ブラジル5〜9南米
ベトナム11〜3アジア
インドネシア(スマトラ島)9〜12アジア
インドネシア(スラウェシ島、バリ島)5〜11アジア
インドネシア(ジャワ島)7〜9アジア
コロンビア(メインクロップ)9〜12南米
コロンビア(ミタカクロップ)4〜6南米
ホンジュラス11〜4中米
エチオピア(シダモ、リム、など) 10〜1アフリカ
エチオピア(レケンプティ)2〜4アフリカ
ペルー3〜9南米
インド10〜2アジア
グアテマラ12〜中米
ウガンダほぼ年中アフリカ
メキシコ11〜3北米
ラオス11〜1アジア
ニカラグア12〜中米
中国(雲南)10〜1アジア
中国(福建、海南)11〜4アジア
コスタリカ(セントラルバレー、タラスなど)11〜3中米
コスタリカ(トゥリアルバ、グアナカステ)7〜3中米
エルサルバドル10〜3中米
フィリピン10〜3アジア
パプアニューギニア4〜アジア
マダガスカル7〜9アフリカ
タンザニア(キリマンジャロ、キゴマなど)7〜12アフリカ
タンザニア(ルブーマ、ムベヤなど)6〜10アフリカ
ベネズエラ9〜3南米
ハイチ8〜3中米
ケニア(メインクロップ)10〜12アフリカ
ケニア(フライクロップ)6〜8アフリカ
カメルーン11〜1アフリカ
タイ11〜3アジア
コンゴ民主共和国10〜9アフリカ
ボリビア7〜11南米
ルワンダ3〜6アフリカ
イエメン10〜12アジア
ドミニカ共和国11〜5中米
ブルンジ4〜7アフリカ
マラウイ4〜9アフリカ
ザンビア4〜9アフリカ
ジャマイカ6〜7中米

※同じ国であっても農園、精製方法、品種などによって収穫期ズレがあることがあります。
あくまでも目安としてお考えください。

※収穫期が年に二回ある国もあります。

コロンビアの収穫期について

コロンビアでは年に二回の収穫期があり、
メインの収穫期である「メインクロップ」と、
二回目に来る「ミタカクロップ」と呼ばれる収穫期です。

広大な国土面積、多種多様なコーヒーと合わせて考えると、
まさに年間を通してコーヒーの収穫が行われている国ともいえるでしょう。

ウガンダの収穫期について

ウガンダの収穫期は上記コロンビアと同じように年に二回あります。
メインの収穫期である「メインクロップ」と
二回目にくる「フライクロップ」と呼ばれる収穫期です。

アラビカ種の起源と言われるエチオピアに対して、
ウガンダはロブスタ種の起源であると言われています。

ロブスタ種やケント、ティピカなどの多様な品種を栽培しており、
ほぼ一年を通してコーヒーの生産が行われています。

ケニアの収穫期と栽培品種について

ケニアの収穫についても上記コロンビア、ウガンダと同様に年に二回あります。
メインの収穫期である「メインクロップ」と
二回目にくる「フライクロップ」と呼ばれる収穫期です。

ケニアでは「SL28」、「SL34」という品種が多く栽培されており、
高品質ケニア産コーヒーの多くはこの2種になります。

しかしこれらの品種はサビ病に弱いため新しい品種開発の研究がされており、
将来的にも注目していきたいと生産国の1つとなっています。

ドミニカ共和国の収穫期について

ドミニカ共和国では気温、降雨量から見て明確な季節がありません。
そのため年間を通してコーヒー の収穫ができますが、
ドミニカ共和国の主な収穫期は11〜5月になっています。

タイトルとURLをコピーしました