フレンチプレスで淹れるアイスコーヒー

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

毎日蒸し暑い日が続いて皆さんも家庭でアイスコーヒーを淹れる機会が増えてきたことと思われます。

しかし、アイスコーヒーにするとどうしても氷で薄めたり、水で抽出するためマイルドな味わいになる傾向にあります。

そこでしっかりコーヒー豆本来の味を抽出するフレンチプレスでアイスコーヒーを淹れたらどうなのか試してみました。

フレンチプレスの魅力

浸漬式の代表的な抽出器具とも言える“フレンチプレス”の魅力は、なんと言ってもコーヒー豆の個性をそのままに抽出する機能性と、抽出方法が簡単で誰でも使いこなすことができる利便性です。

まず機能性についてです。
浸漬式といって、コーヒー粉をお湯に浸してコーヒー成分を抽出する方法になります。
名前の通りフランスで生まれたコーヒー器具で、沸騰したてのお湯で長時間抽出するのが特徴です。
この高温なお湯を使うことで良質な豆の成分をしっかりと引き出して、お湯とコーヒー粉が長時間触れ合うことでコーヒー豆本来の味と香りをダイレクトに抽出されます。

そのためユニークな個性をもつスペシャルティコーヒーを淹れる際に採用されることが多いです。
逆に言うと、時間が経って質の劣ったコーヒー豆などを淹れるとそのままの風味が出てしまうので新鮮なコーヒー豆を使うのがおすすめです。

次に利便性についてですが、詳しい淹れ方は下記にてご紹介しております。
とにかく一言で言うとコーヒー粉を入れてお湯をかけるだけなのでコーヒー初心者の方でも美味しいコーヒーを淹れることができます。

コーヒー粉とお湯の量、それから抽出時間さえ決めておけば何度でも同じコーヒーを淹れることができる再現性の高さもフレンチプレスの長所の1つです。


最後にフレンチプレスはおしゃれなデザインもポイントが高いです。
やはりコーヒーはおしゃれにかっこよく淹れたいものですよね。
置いているだけでも映えるフレンチプレスは淹れる人の気持ちをあげてくれます。

アイスコーヒーのレシピ

コーヒー豆 20g
お湯 300ml(97°)
抽出時間 4分
蒸らし 30秒
氷 お好みの量


抽出方法といたしましては、通常のフレンチプレスの淹れ方と同様です。

抽出できましたら、グラスいっぱいに氷を入れてコーヒーを注ぎます。
このときの氷が溶けてパキパキっという音が夏がきたんだなっと思わせてくれます。

ちなみになのですが、フレンチプレスで抽出したコーヒーはコーヒーオイルもダイレクトに抽出されているため少し濁ったような色合いになります。
これが気になるという方は、一度抽出したコーヒーをペーパーフィルターに通して濾過すると濁りはなくなりますが、コーヒーオイルもペーパーフィルターに吸収されてしまい、フレンチプレスならではの味わいも薄れてしまいます。

実際に飲んでみて

フレンチプレスにて急冷アイスコーヒー

ペーパードリップでの急冷アイスコーヒーと比べてコーヒーらしい重厚感と風味を感じられるアイスコーヒーだと感じました。

まろやかというよりはシャキッとした口当たりでパンチのあるコーヒーが好みの方はフレンチプレスでの急冷アイスコーヒーがおすすめです。

フレンチプレスだと手間がほとんどかからないので忙しい朝にささっと淹れることができますし、それでいて風味も香りも楽しめますのでかなりお得な感じがいたします。

おすすめのコーヒー豆

このフレンチプレスで淹れる急冷アイスコーヒーには、やはりダイレクトに味と香りを抽出されるためスペシャルティコーヒーを推奨します。

特に一度は試してみてもらいたいコーヒー豆をいくつかご紹介します。


<エルサルバドル エルカルメン農園 ブルボンRA>
オレンジを感じる酸味ですが、強く主張しすぎず全体的に柔らかい印象のコーヒー豆。
後からくる優しい甘みが全体をまとめてくれるような味わいです。

苦味 ★★☆☆☆
酸味 ★★★☆☆
甘み ★★★★☆
香り ★★★★☆
コク ★★★☆☆


<グアテマラ アロテペケ農園 パカマラ>
カカオのコクとほんのりベリーの酸味が合わさりバランスの取れたコーヒー豆。
やんわり渋さも感じますが、嫌な感じの渋さではなく美味しさの1つとして楽しめます。

苦味 ★★★☆☆
酸味 ★★★★☆
甘み ★★★★☆
香り ★★★★☆
コク ★★★★☆

グアテマラ アロテペケ農園 パカマラ 豆
グアテマラ アロテペケ農園 パカマラ
タイトルとURLをコピーしました