「浸漬式」と「透過式」 どちらが優れているのか

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

コーヒー豆にもそれぞれ個性があり、
その個性に合った抽出方法を選ぶことによって美味しさを引き出すことができます。

主な抽出方法は大きく分けて「浸漬式」と「透過式」に分類されます。
この2種類の抽出方法によって味にどのような変化をもたらすのか比べてみました。

家庭で使用する主な抽出器具

まず皆さんは家庭でコーヒーを淹れる際、どのような抽出器具を使っていますか?

主に考えられるのは、
・ペーパードリップ
・ネルドリップ
・サイフォン
・フレンチプレス
・マキネッタ
・水出しコーヒー
などの抽出器具かと思われます。

もちろんコーヒーに凝っている方だと他にもエアロプレスやエスプレッソマシンなどで淹れることもあるかと思われますが、大体の方は上記の抽出器具を使われていると思います。

この抽出器具を先ほどの浸漬式と透過式に分類するとこうなります。

フレンチプレス、サイフォン、水出しコーヒー、メリタ式が浸漬式。
ペーパードリップ、ネルドリップ、マキネッタが透過式。

浸漬式コーヒーとは?

浸漬式とは「コーヒーをお湯(または水)に漬け込むことによって、お湯(または水)にコーヒーの成分を溶け出させる」抽出方法のことを指します。

基本的にお湯(または水)にコーヒー粉を漬け込んでおくので抽出方法としては比較的安定しており、コーヒー粉の量や抽出時間を変えることによって風味に変化をつけることが可能となります。

浸漬式はコーヒーの成分をしっかり抽出し、ボディのあるコーヒー豆本来の味を楽しむことができますが、抽出時間が長すぎてしまうと、コーヒー豆の美味しい成分と共に雑味やえぐみまで一緒に抽出されてしまいますので注意が必要です。

この中においては、サイフォンとメリタ式ペーパードリップは、フレンチプレスや水出しなどの抽出器具と比べて浸漬の時間が短いため浸漬式のコーヒーの中では比較的に飲み口があっさりとした印象のコーヒーになります。

浸漬式で美味しい淹れ方

浸漬式で1番皆さんの身近な淹れ方でもあるフレンチプレスの美味しい淹れ方をご紹介します。

フレンチプレスはコーヒー粉をセットしてお湯を注ぐことで淹れれますが、一工夫加えると風味が変わってきます。
サイフォンをイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、サイフォンは抽出の際に二回撹拌を行います。
この撹拌をすることでお湯とコーヒー粉の馴染みがよくなり、より風味が際立ちます。

この方法を取り入れて、目的量までお湯を注ぎきったあと撹拌を行ってから4分待つ抽出方法をおすすめします。

<レシピ>
コーヒー豆 18g
お湯 300ml(95°)
抽出時間 4分

透過式コーヒーとは?

透過式とは「コーヒー粉にお湯を通過させることでコーヒーの成分を抽出する」コーヒーのことを指します。

お湯はコーヒー粉を通過する際にだけコーヒーの旨味成分が効率よく抽出されるため、過抽出になることなくクリアな味わいになる傾向にあります。

しかしお湯を注ぐ量と比例してコーヒーの成分を抽出するのでコーヒー粉の量に応じたお湯量を注ぐことが大切です。

透過式で美味しい淹れ方

透過式で1番安定したコーヒーを淹れることができるのはカリタのウェーブドリッパーではないでしょうか。

ウェーブドリッパーは底が平らになっており、お湯のかたよりをなくすことで味のムラを解消し、3つ穴のスムーズな抽出によってクリアな味わいを生みます。
さらに20個のヒダによってドリッパーとペーパーの間に空気が抜けることでコーヒーの膨らみを邪魔せず目でもコーヒーを淹れる楽しさを感じることができます。

<レシピ>
コーヒー豆 20g
お湯 240ml(87°)
抽出時間 2:30
内蒸らし:30秒

浸漬式vs透過式

浸漬式と透過式ではどちらがコーヒーを美味しく淹れることができるのでしょうか?

同じコーヒー豆をそれぞれ上記の2杯分の抽出を行い風味や香りを対決していこうと思います。

<エチオピア イルガチェフェ>

エチオピア イルガチェフェ コーヒー豆

~プレス~
イルガチェフェのフルーティな香りが広がり、口に淹れたときに香りが鼻から抜けるほどです。
またイルガチェフェの柑橘系の酸味が上手く引き出されています。

~ウェーブドリッパー~
爽やかで飲み口のあっさりとした印象を受けます。イルガチェフェの酸味を感じますが香りがイマイチかなと思いました。

<コロンビア スプレモ>

左:プレス 右:ウェーブドリッパー

~プレス~
コロンビアならではの酸味と苦味のバランスの良さがプレスだと酸味より苦味が主張してくる味となりますがこれはこれで美味しいとも感じました。

~ウェーブドリッパー~
雑味が少なく酸味と苦味のバランスがとれており、また後口の柔らかいコクがコーヒーを上品に仕上げています。

結論

結論としましては、どちらにも良さがありどっちが優れているとは言い難いです。

エチオピア イルガチェフェの場合、コーヒー本来の味をしっかり引き出し、香りも十分に楽しむには浸漬式のフレンチプレスが適しています。

一方バランスのとれたコロンビア スプレモの風味を引き出せたのは短時間での抽出を行う透過式のウェーブドリッパーです。


このようにコーヒー豆の個性に合わせて抽出方法を変えてコーヒーを淹れることが大切です。
どちらの抽出方法も優れており、コーヒーを美味しく淹れることが可能です。
ぜひ色んな抽出器具を使ってコーヒーを淹れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました