アイスコーヒーにおすすめの豆特集 第1弾

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

先日アイスコーヒーとコールドブリューコーヒーの違いについて触れましたが、では急冷アイスコーヒーとコールドブリューにはそれぞれどんな豆が合うのか検証しました。

アイスコーヒーの淹れ方

先日投稿した急冷式とコールドブリューコーヒーの淹れ方を載せておきますのでぜひご覧ください↓

急冷アイスコーヒーはしっかりとコーヒーらしいボディの強さも感じられるアイスコーヒー、コールドブリューコーヒーはあっさりとしたライトな飲み口を楽しめるアイスコーヒーというイメージがあります。

この口当たりの特徴によって合うコーヒー豆が変わってくるため参考までにぜひご覧ください。

おすすめのコーヒー豆 急冷編

急冷アイスコーヒーのおすすめの豆は深煎りのしっかりとした重厚感のあるコーヒー豆を中心に選出させていただきました。

なお、急冷アイスコーヒーはすべて“ハリオv60”を採用させていただいております。

<グアテマラSHB>

グアテマラSHBは、深煎り(フルシティからフレンチローストにかけて)にしたコーヒー豆を採用しました。

抽出レシピは上記で紹介した、
コーヒー豆 8g
お湯 110ml(89°)
氷 100g
抽出時間 1:34(この内蒸らし20秒)
3回注湯

グアテマラSHBはホットで淹れると甘みを感じることが特徴ですが、アイスコーヒーにするとそこにフルーティーな酸味が合わさり華やかな印象を受けました。
深煎りコーヒーの中でも苦味は優しいほうなので、重厚感も弱く苦味が苦手な方でも飲みやすいコーヒーです。


<マンデリン>

マンデリンG1は深煎り(フレンチロースト)にしたコーヒー豆を採用しています。

抽出レシピは、
コーヒー豆 9g
お湯 110ml(88°)
氷 100g
抽出時間 1:47(この内蒸らし20秒)
3回注湯

マンデリンG1はアイスコーヒーの中でも特にボディを感じる飲みごたえのあるコーヒーになります。
自分は苦味はもちろんですが深みのあるコクが何と言っても絶品だと思いました。

少し豆量を増やして濃ゆめに淹れるとマンデリンのボディの強さをより感じることができます。


<エメマン>

ちょっと好奇心も兼ねてコロンビアのエメラルドマウンテンをフレンチローストにて焙煎したところ、ホットだとあまり香りもなく失敗かなと思ったのですが、アイスコーヒーにしてみたところ、深みとコクのある風味になってマンデリンとは違った苦さも感じることができました。

レシピはグアテマラSHBと同様で、
コーヒー豆 8g
お湯 110ml(89°)
氷 100g
抽出時間 1:34(この内蒸らし20秒)
3回注湯

おすすめのコーヒー豆 コールドブリュー編

コールドブリューコーヒーは、水で長時間の抽出を、するため全体的にまろやかで角のない味わいになる傾向にあります。
そのためかなり深く煎ったコーヒー豆であっても美味しく飲むことができます。その中で酸味もしっかり感じることができます。

コールドブリューコーヒーは“ハリオのコールドブリューコーヒー ジャグ”を採用しました。

<レシピ>
コーヒー粉 80g
水 1150ml(内抽出されるのは1000ml)

<カルディ アイスブレンド>

このカルディのアイスブレンドは名前のようにアイスコーヒーのためのブレンドコーヒーで、かなり深めに焙煎されています。

そのまま急冷アイスコーヒーとしても美味しかったのですが、コールドブリューにすると味のまろやかさが柔らかい苦味と後からくる深いコクにマッチして非常に美味しくいただけました。

もちろんストレートで美味しいのですが、コクがあるのでミルクを足してアイスカフェオレにして飲むのもおすすめです。

<スタバ アイスコーヒーブレンド>

こちらのコーヒー豆は風味ももちろんですが特に香りにとても魅了されました。
香りからシトラスの爽やかな風味が連想され、一口飲むと柑橘系のさっぱりした酸味が広がり後から苦味もきてバランスがとれたコーヒーでした。

スターバックスさんでこちらのコーヒー豆を使ったアイスミルクコーヒーのレシピが紹介されているので今度そちらも試してみようと思っている所存です。

最後に

今回急冷アイスコーヒーとコールドブリューコーヒー合わせて5つのコーヒー豆をご紹介させていただきましたが、悩みに悩んで厳選したためタイトル通り第2弾第3弾とまだまだ色々なコーヒー豆をみなさんにご紹介できたらと考えています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました