喫茶店で出る本格ウィンナーコーヒーの作り方

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

ウィンナーコーヒーとは?

ウィンナーコーヒーとは、コーヒーの上にホイップクリームを浮かべたものです。

オーストリアの首都ウィーンが発祥の地であることから、『ウィンナーコーヒー(ウィーン風コーヒー)』と呼ばれております。

ちなみに、ウィンナーコーヒーは和製英語です。
ウィーンの方では「アインシュペナー」と呼ばれています。

コーヒーの中にウィンナー(またはソーセージ)を入れて、これぞウィンナーコーヒーというのは鉄板ネタですので、ぜひ今度お試しください。

ウィンナーコーヒーの作り方

  • コーヒー:120ml
  • 生クリーム:30ml
  • 砂糖:6g(スティックシュガー2本分)

まずはコーヒーを入れていきます。
浅煎りのあっさりしたコーヒーよりも、深煎りのガツンとしたコーヒーの方がウィンナーコーヒーには合います。

普段よりも濃い目に抽出すると良いでしょう。

次に生クリームに砂糖3gを入れて泡立てます。
固めに泡立てた方が、コーヒーに入れた時にドロっとなりにくいです。

今回は9分立てでいきました。

あとは、先ほど淹れておいたコーヒーに残りの砂糖3gを入れ、その上に泡立てた生クリームを乗せて完成です。

ウィンナーコーヒーの楽しみ方

ウィンナーコーヒーは上に乗せたホイップの甘みとコーヒーの苦味を一緒に楽しむものです。

まずはホイップを一口、次にコーヒーを口に含みます。

半分ほど飲んだ段階で、コーヒーとホイップをしっかりと混ぜ合わせ、飲み干していきます。

以上の流れがウィンナーコーヒーを楽しむオーソドックスな流れになりますが、
やはり好きなように飲むのが一番です。

最初から混ぜるもよし、最後までホイップを残すもよしです。

実際に色んな飲み方をされる方がいますので、自由に楽しんで問題ないと思います。

タイトルとURLをコピーしました