自宅で簡単に作れる!「水出しコーヒー」の淹れ方

スポンサーリンク
この記事は約19分で読めます。

水出しコーヒーの特徴とは?

カフェのメニューで見かけるようになった「水出しコーヒー」は
一般的なアイスコーヒーとどう異なるのか知っていますか?

広義的に考えればどちらも同じ冷たいコーヒーですが、
水出しコーヒーアイスコーヒーとでは抽出方法が大きく異なります。

最もポピュラーな「アイスコーヒー」と言えば、
ホットコーヒー同様にペーパーなどで抽出をした後、
最後に氷を入れて急冷させたものをアイスコーヒーと呼びます。

アイスコーヒーは抽出したコーヒーに
氷を加えて出来るため短時間で作れます。

しかし氷を入れるため味が薄くなってしまうデメリットもあります。

続いて「水出しコーヒー」は、
コーヒー粉を水に浸けて長時間かけてじっくり抽出させたものを指します。

じっくり時間をかけて抽出することにより、
苦味や渋みを作り出すカフェインやタンニンが溶け出しにくくなります。

苦味が強いのが苦手な方、
もしくは夜寝る前などカフェインを多くとりたくない時にオススメです。

ただし1回の抽出におよそ8時間ほどかかるため
すぐに淹れて飲むことはできません。
(抽出量や器具によって抽出時間は異なります)

水出しコーヒーはいくつか別名を持っている

カフェや喫茶店のメニューで
コールドブリューコーヒー」や「ダッチコーヒー
という名前を目にしたことはありませんか?

これらはすべて水出しコーヒーの別名になります。

コールドブリューは本来“COLD BREW”という単語で、
低温抽出」を表しています。

低温でじっくり抽出したコールドブリューコーヒーは
雑味の少ないマイルドな口当たりになる傾向にあります。

次にダッチコーヒーの「ダッチ」とはオランダのことを指します。

その昔、オランダの支配下にあったインドネシアで
カネフォラ種(ロブスタ種)をドリップ式で淹れた際、
あのクセの強い匂いや苦味をどうにか抑えることはできないのか
試行錯誤した結果編み出されたのが水出しコーヒーだと言われています。

水出しコーヒー
コールドブリューコーヒー

水出しコーヒーの淹れ方

水出しコーヒー専用のポットには
コーヒー粉を水に浸して抽出するポット型の「浸出タイプ」と、
水を一滴ずつ点滴のように落として抽出する「摘下タイプ」の2種類があります。

オススメのポットはこちらの記事を参照ください。

カフェや喫茶店などお店でよくみかけるのは
ウォータードリッパーを用いた滴下タイプになります。
滴下のスピード調節で風味が変わるためお店の味が決まります。

一方、浸出タイプはコーヒー粉を水に浸しておくだけと
簡単な手順から自宅で淹れる方に多く支持されています。

今回はこの浸出タイプのポットを使った
簡単で美味しいコーヒーができる淹れ方を紹介したいと思います。

使用する器具はハリオ コールドブリュー コーヒージャグです。
全体がガラス製のオシャレなデザインとストレーナーの網目の細かさに
惹かれて購入にいたりました。

ハリオ 水出しコーヒー ポット 部品ごとの写真
左からフタ・ストレーナー・ポット

~準備するもの~
・コールドブリューポット
・コーヒー豆 80g(中細挽き)
・ドリップケトル
 *ドリップケトルは水をコールドブリューポットに注ぐ際に
  使うので他のものでの代用も可能です。

水出しコーヒー専用のポットにはストレーナーといって
コーヒー粉の侵入を防ぐ網目の部品が付いています。

コーヒー粉を細挽きで挽くとストレーナーの外に微粉が出てエグみの原因に、
粗挽きだと網目に詰まり成分が溶け出しにくくなるため
中細挽きでの抽出を推奨します。

コーヒー豆を中細挽きに挽いた写真
中細挽き

水出しコーヒーは苦味よりも酸味のほうが抽出されやすいため、
元々酸味に特徴のあるコーヒー豆を使うと酸味が突出した風味になる可能性があります。

そのため深煎りのコーヒー豆をオススメします。

コーヒー豆と水の比率を調整すれば
美味しく淹れることは可能なので
浅煎りのコーヒー豆は絶対やめたほうがいいということではありません

初めて淹れる方には特に深煎りコーヒーから
淹れるのをオススメするという意味になります。

水出しコーヒーの抽出の手順

①中細挽きに挽いたコーヒー粉をストレーナーに入れて
 粉が平らになるように軽くトントンと叩きます。
 (粉を平らにすることで味に均一性が出ます)

②コーヒー粉全体的に行き渡る量の水をストレーナーに注ぐ。
 この工程でコーヒー粉が水と馴染んで
 コーヒーの風味が出やすくなります。

③1150cc水をポットに注ぎます。
 目的量は1000ccなのに対して多いのはコーヒー粉が吸収する分水が減るためです。
 出来上がり時には1000ccくらいになるので問題ありません。

④フタをして冷蔵庫にて約8時間放置します。
 8時間というのはあくまでも目安なので
 濃ゆくしたい場合は抽出時間を1時間増やすなど
 自分の好みに合わせて時間の調整を行なってください。

⑤ストレーナーのコーヒー粉を捨てます。
 コーヒー粉を入れたままにするとどんどん濃ゆくなるので
 好みの濃度でコーヒー粉を破棄してください。

以上で水出しコーヒーの完成です。
コーヒーの保存期間はおよそ2〜3日ですので
仕込んだら早めに飲むようにしましょう。

フレンチプレスを使った水出しコーヒーの淹れ方

水出しコーヒー専用のポットを持っていない方でも
フレンチプレスがあれば水出しコーヒーを淹れることができます。

~準備するもの~
・フレンチプレス
・コーヒー豆 20g(粗挽き)
・スケール
・スプーン

①フレンチプレス本体にコーヒー粉をセットします。
 (プレス同様にコーヒー粉は粗挽きで挽きます)

②抽出量の水を注ぎます。
 コーヒー豆と水の比率は1:10で淹れると美味しいため
 この場合は200mlの水を注ぎます。

③表面に浮いてきたコーヒー粉をスプーンでざくざく入れます。
 これはコーヒー粉と水を馴染みやすくする目的を持ちます。

コーヒー粉を攪拌する様子
思いっきりざくざくいきましょう!

④ラップをして冷蔵庫にて約8時間放置します。
 プランジャーを上げたままの状態のフタだと冷蔵庫に入りきらないので
 フタ代わりにラップを使用します。

⑤抽出されたコーヒーをペーパーで濾過します。
 必ずしないといけないわけではありませんが微粉による雑味等が
 気になる方は濾過することをオススメします。

抽出したコーヒーをペーパーで濾過する様子

以上で完成です。

フレンチプレスを使った淹れ方も手順が少なく簡単に作ることができます。
水出しコーヒー専用のポットを持っていない方
一度に少量の抽出しかしない方にぜひオススメです。

フレンチプレスにて急冷アイスコーヒー

水出しコーヒーパックを抽出する淹れ方

水出しコーヒー専用のポットがない方でも
コーヒーパックがあれば
水出しコーヒーパックを作って淹れることができます。

作り方は簡単です。

まず必要な量コーヒー豆を挽きパックに入れます。

コーヒー粉がこぼれないようにしっかりパックを閉じたら、
お茶ポットやサーバーに抽出量の水を注ぎ、
そこに自作のコーヒーパックを淹れて冷蔵庫にて抽出します。

お好みの濃さでパックを取り出したら完成です。

自宅にある物で簡単に作れるためオススメです。

ちなみにスーパーやコンビニでも水出しコーヒーパックは販売されています。
自作の場合と比べると割高な気はしますが、
手間いらずで美味しいコーヒーを飲みたい方はぜひこちらもオススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました