【保温抜群】おすすめのステンレスカップ9選|冷めたコーヒーは飲みたくない

スポンサーリンク
この記事は約30分で読めます。

冷めたコーヒーは飲みたくない。

ならコーヒーが冷めないように配慮すればいいのでは?

家やオフィスでいつでも温かいコーヒーを飲みたいなら
ステンレスカップで決まりです。

ステンレスカップの特徴

今や素材から形状、サイズまで様々な種類のコーヒーカップがあります。

中でも保温性に着目して選ぶなら圧倒的に『ステンレス製』のコーヒーカップをおすすめします。

ステンレスといえば、
保温、保冷効果が見込める
軽くて丈夫
さびにくい
シンプルでスタイリッシュなデザイン
といった特徴がみられます。

家でのコーヒータイムはもちろんのこと、
オフィスやアウトドアにも適しているため1つは持っておくと便利です。

ステンレス以外のコーヒーカップも気になる方はこちらの記事を参照ください↓

ステンレスカップの選び方

ステンレスカップの購入を検討したときに
抑えておきたいポイントがいくつかあります。

・フタの有無
・手入れが楽であるか
・持ち手の形状

フタの有無

ステンレスは元々保温性に優れているため
時間をかけてゆっくりコーヒーを味わいたい方に適しています。

さらにオフィスなど仕事の合間合間に飲む場面では
より保温機能が重要となります。

そこでおすすめなのがフタ付きのステンレスカップです。

フタが付いていることで、3つのメリットが得られます。
保温機能が上がる
ほこり防止になる
こぼれにくくなる

オフィスでコーヒーを飲む際には
フタ付きのステンレスカップが非常に便利となります。

手入れが楽であるか

コーヒーを飲み終わった後の手入れが楽かどうかも決め手の1つになります。

パーツが分解できるものや広口タイプのカップは
洗いやすく衛生的なので長く愛用することができます。

持ち手の形状

時間をかけてコーヒーを楽しむためには
持ちやすさも考慮する必要があります。

例えば指1~2本しか通らない持ち手では手の負荷が多く一種の運動となってしまいます。

そうならないためにも自分の手のサイズに合った
持ち手のカップを探しましょう。

オフィスに持っていけるステンレスカップ

『アスベル 真空断熱マグカップ』

価格:¥2,000
容量:330ml
重さ:220g

【オススメポイント】

  • スタイリッシュなデザイン
  • パーツを分解して洗える衛生的

『サーモス 真空断熱マグ』

価格:¥1,300
容量:280ml
重さ:200g

【オススメポイント】

  • 安定感のあるハンドル
  • 底がゴム製のため静かに置ける
  • フラップ付きの飲み口

『和平フレイズ ワーキングマグ』

価格:¥1,400
容量:280ml
重さ:200g

【オススメポイント】

  • 取り外し可能なパッキン付きのフタ
  • 物音を立てずに置ける設計

アウトドアに持っていきたいステンレスカップ

『キャプテンスタッグ ダブルステンレス マグカップ』

価格:¥1,000
容量:350ml
重さ:180g

【オススメポイント】

  • 広口なのでスープなどにも使える
  • パーツがなく手入れが楽
  • カラーバリエーションが豊富

『snowpeak ステンレス真空マグ』

価格:¥4,500
容量:300ml
重さ:110g

【オススメポイント】

  • 折りたたみできるハンドル
  • 超軽量で持ち運びやすい
  • ダブルウォール構造

家でのティータイムを充実させるステンレスカップ

『パール金属 カフェマグバリスタ』

価格:¥1,200
容量:400ml
重さ:270g

【オススメポイント】

  • 真空断熱構造
  • カフェのカップを想像させるデザイン

『サーモス 保温マグカップ』

価格:¥1,500
容量:350ml
重さ:200g

【オススメポイント】

  • ホルダー付きで結露しない
  • 魔法ビン構造
  • 食洗器対応(フタとホルダーは除く)

『KINTO CAFEPRESS』

価格:¥1,650
容量:260ml
重さ:230g

【オススメポイント】

  • プランジャーが付いておりフレンチプレスとしても使える
  • コーヒーに限らず紅茶やハーブティーにも向いている

『HARIO マグボトル』

価格:¥2,200
容量:300ml
重さ:180g

【オススメポイント】

  • 落ち着きのあるシンプルなデザイン
  • ドリッパーから直接ドリップできる

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました