アイスコーヒーを入れるのにオススメのグラス 11選

スポンサーリンク
この記事は約20分で読めます。

アイスコーヒーグラスの選ぶ際の3つのポイント

アイスコーヒーを入れるグラスを選ぶ際に注意したい3つのポイントをまとめてみました。

アイスコーヒーグラスをどれにしようか悩んだ際は是非参考にしてください。

機能的な形状

最近ではアイスコーヒーのグラスにもダブルウォールの物や取っ手がついた物も増えてきた印象があります。

コロナ対策でリモートワークなども増えてくる中で、
自宅のデスク上でアイスコーヒーを楽しむ機会もまた増えてくるかと思います。

そうなってくるとどうしても気になるのが、グラスに付く水滴ですよね。

ダブルウォールの物は水滴が表面に付きにくくなっていますので、
濡らしたくない書類がデスク上に積んであっても安心です。

シチュエーションに合わせた容量

ひとえにグラスといえど、サイズはピンからキリまであります。

長時間の作業のお供を予定されているのであれば、
容量の大きいグラスが必要になってきますし、
小休止の際のお供であれば、
可愛らしいサイズのグラスがベストでしょう。

シチュエーションにあった容量の選択が重要です。

おしゃれなデザイン

SNSでおしゃれな投稿をしたいのであれば、
言わずもがな、最も重要なのはデザイン性になります。

見ているだけでテンションが上がる綺麗なガラスや、
おもむきがある銅製のマグなんかも良いかもしれません。

好みにあったおしゃれなグラスを選びましょう。

ダブルウォールでオススメなアイスコーヒーグラス

ボダム (bodum)ダブルウォールグラス

まずオススメしたいのがボダムのダブルウォールマグになります。

シンプルなデザインと実用性はそれだけでも価値がありますね!
やはりダブルウォールグラスの定番といえばボダムです。

KINTO ダブルウォールグラス

おしゃれなインテリアでお馴染みキントー のダブルウォールコーヒーカップです。

キュッとメリハリのあるボディは意外にも持ちやすく使いやすさがあります。

どれもピンとこないと思った貴方は、
ぜひ一度キントーのダブルウォールカップを見てみてください。

TINKSKY ダブルウォールグラス

少し風変わりなダブルウォールグラスです。

中身が減るごとに中のネコが変わっていく様子は、
みていて癒されます。

お仕事中の楽しみにこちらのダブルウォールグラスはオススメです。

取っ手付きのダブルウォールマグ

iwaki ダブルウォールマグ

上3つのダブルウォールグラスとは異なり、
四角い取っ手のついたマグとなっています。

飲み口は若干厚くなっていますが、高い実用性とデザイン性を兼ね備えたマグです。

ボンマック ダブルウォールマグ

茶色い取っ手がおしゃれなボンマックのダブルウォールマグです。

ボンマックはコーヒーミルや光サイフォンテーブルで有名なコーヒーブランドで、
スリムでボディが引き締まったオシャレなダブルウォールマグも販売しています。

Kalita ダブルウォールマグ

変わり種のダブルウォールマグといえば、
それはKalitaのダブルウォールマグです。

ウェーブドリッパーやドリップケトルの定番Kalita製品が、
ボディに描かれており可愛らしいデザインになっています。

おしゃれでおすすめなアイスコーヒーグラス

ここからはカフェなどでもよく目にする定番グラスや、
SNS映え間違いなしのオシャレグラスを紹介していきます。

HARIO 耐熱ホットグラス

まずは透明感あふれるHARIOのグラスです。

洗練されたスタイリッシュなデザインは、
これだけで毎日のコーヒータイムが楽しくなります。

THE GLASS

まさにシンプルイズベストということで、
シンプルかつ高クオリティな定番的グラスがこちらになります。

無難なものをお探しであればコチラで間違いないかと思います。

IKEA ゴブレット ワイングラス

脚がついていてみるからにオシャレですね。

インスタグラムなどのSNSでもよく見かけます。

コーヒーゼリーなんかを入れて作っても、
いい感じに仕上がるのでオススメです。

通向きで趣のある銅製カップ

オシャレな喫茶店などではよく銅製のマグに入れてアイスコーヒーが出てきますね。

雰囲気を大事にする通向きな方にオススメなのが銅製マグです。

ナガオ 燕三条 純銅マグカップ

指を掛けやすい取っ手と幅広な飲み口がオススメのマグです。

本格的な銅製マグで家に居ながらカフェ気分を味わえます。

前畑 銅製マグカップ

丸まった優しい飲み口と取っ手が大きく持ちやすい銅製マグ。

趣がありオススメです。

以上、夏にオススメのアイスコーヒーグラス11選でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました