コーヒーカップの選び方

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

みなさん、こんにちは。せっちいです。

今日はコーヒーを飲むことにおいて、大きく影響をあたえている、カップについてご紹介していきます。

コーヒーカップを選ぶ3つのポイント

①カップの内側の色

視覚による味への影響は大きいです。陶器の器や内側に色が付いているカップは抽出したときの色の濃淡が判別しづらく、コーヒー本来の風味を感じにくくなります。そのため、コーヒーを飲む際には、白色系や、透明のカップをおすすめします。

②カップのフチの広がり方

カップのフチには広がっているタイプとまっすぐ垂直なタイプの2種類があります。フチの広がり方がなぜ関係するのでしょうか?それは人間の舌の仕組みに関係しています。人間の舌は、舌先で甘み、側面で酸味、奥で苦味を感じます。フチが広いカップは、飲んだときに口全体にコーヒーが行き渡るため酸味を感じやすくなります。逆にまっすぐな垂直のタイプだと口をすぼめて飲むのでストレートに喉に向かい、苦味をより感じるようになるのです。

③飲み口の厚み

飲み口が薄いカップはカップに邪魔されずにダイレクトにコーヒーを味わえるので澄んだ味わいがよりクリアに感じられます。反対に飲み口が厚いカップは先にカップの質感を感じるのでコーヒーを飲むのには適さない!という意見もあるのですが、多めの量を温かいままゆっくり楽しめるという点もあるためコクの深いコーヒーには適していると思われます。

つまりは

これまでのポイントをまとめると

浅煎りで酸味に特徴があるコーヒー
→飲み口が薄く、浅めのカップ
深煎りでコクのあるコーヒー
→飲み口が厚いカップ

こうやってコーヒーの特徴によってカップの形を変えるとより美味しいコーヒーを楽しめてしまうのです!

コーヒーカップにもたくさん種類がある?

コーヒーの個性に寄り添ったカップが何種類かあるのを知っていますか?今回は6種類のカップを紹介したいと思います。さっそく、レッツゴー!!

①コーヒーカップ

「あれ?いきなりコーヒーカップって大きなくくり?」と思いましたか?(笑)そうです!コーヒーを飲むときに1番はずれがなく飲めるのがコーヒーカップです。一般的に120〜140ccのサイズが主流で、形や色などは多種多様です。ちなみに私はソーサー付きの透明のカップを愛用しています。

私が愛用しているコーヒーカップです。

コーヒーを視覚でも楽しめるので、透明のカップはおすすめですね!

②マグカップ

おそらく、多くの人が必ず1つは持っていると言っても過言ではないくらい一般的に出回っている種類だと思います。マグカップは、縦長で大きめのカップのことを指します。大きさや形は多種多様ですが、ソーサーはなく、コーヒー以外の飲み物でも使えます。筒型がコーヒーの苦味を引き立たせるため、コーヒーを飲むときでもおすすめです!

私が愛用しているマグカップです。

またまた私が愛用しているマグカップを紹介しています(笑)こちらはダイソーさんで購入したのですが、実は温かい飲み物を注ぐとあることが起きるので「これは面白い!楽しい!」と思い思わず買ってしまいました。その変化とは…

コーヒーを注いだマグカップ

どうですか?高温に反応して色が変わる仕組みです!こういったユーモアを持ち合わせたカップを使うのもまた楽しいですよぉ!!

③カプチーノカップ

こちらは名前でお分かりになると思いますが、カプチーノを飲むのに最適な形をしています。どういう形かと言うと、下部がすぼまっており、カプチーノの醍醐味とも言える泡と液体がちょうどいいバランスで口に含める形になっています。大きさとしては200cc程度のものが多いです。また口が広いタイプは、ラテアートを楽しむこともできます。


アンカップ(ancap) トリノ カプチーノカップ (170cc)

④エスプレッソカップ

エスプレッソ1ショット(30cc)にちょうどいい、小さめのサイズになっています。形はカプチーノカップと同様に下部がすぼまったタイプとなっています。60〜90ccほどの大きさで少量のエスプレッソが冷めないように厚みのあるといった特徴も持っています。


ノバポイント エスプレッソカップ ソレント(58cc)

⑤デミタスカップ

「デミタス?初めまして」と言う人は少なくないと思います。これはフランス語で、「デミ」=“半分”、「タス」=“カップ”を意味します。意味通り80cc程度の小さなサイズで、エスプレッソや食後に飲むコーヒー用に使われることが多いです。


アンカップ(ancap) トリノ デミタスカップ (80cc)

⑥カフェ・オ・レボウル

こちらもまた名前でわかりますね(笑)そうです。カフェオレ用のカップになります。ただ今まで紹介してきたのとは全く形が異なります。取っ手のついていないボウルの形をしているのです。なぜこんな形をしているのかと言うと元々フランスでパンを浸して食べる習慣があったため口が広いボウルの形が好まれ、このような形になりました。200〜250cc程度の大きさなのでたっぷりカフェオレを飲むことができます。


STUDIO M'(スタジオM’/スタジオエム) ジャルディネ カフェオレボール【studio m 食器 studiom キッチン 日本製】【北欧 ナチュラル おしゃれ カフェ 雑貨】

最後に

実はこの記事を書く前に、私自身があまりコーヒーカップを持っていなかったため、どんなカップがあるのかな?と気になり調べてみたら思っていた以上にたくさんの種類があって、面白いなっと思って記事にすることに決めました!自分と同じように新しいカップを決めかねている人の力に少しでもなれたら嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました