Kalitaのサーバーが割れて初めてサーバーの重要性に気付いた

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

※あくまで個人的見解と体験談です。

割れてしまったKalitaのサーバー

割れたKalitaのサーバー

私がKalitaのサーバーを使い始めてから、5年が経ちました。

振り返ってみれば、長いようで短い日々だったと思います。

雨の日も、風の日も、私は毎日Kalitaのサーバーを使ってコーヒーを淹れました。

つい先日いつものようにコーヒーを淹れようと、戸棚からサーバーを取った時に事件は起きました。

なんと突然、Kalitaのサーバー割れてしまったのです(おそらく、軽くぶつけた)

しばらくショックで動けませんでした。

気付いたサーバーの重要性

サーバーが割れてしまったとはいえ、コーヒーを淹れるのに支障はありませんので、手早く片付けを済ませ、コーヒーの抽出に取り掛かりました。

自宅では普段、ハンドドリップでコーヒーを淹れているため、ドリッパーとコーヒー豆を準備し、カップの上に直接置いたのですが、なんとなくモチベーションが上がらない。

これはどうしたことか、

とはいえ、ここまで準備して辞めるわけにもいきませんので、記録用のカメラを回したところ、

ふと、気付きました。

「あれ、なんか映えなくね?」

そうなんです。
サーバーがないとイマイチ映えないんです。

これはモチベーションにも直結する重要案件です。

普段からサーバーは必須ではないと他人には、言っておきながら自身はサーバーの恩恵を享受していたわけです。

私は失って初めてサーバーの重要性に気付きました。

とりあえずHARIOのサーバー買った

新しく買ったHARIOのサーバー

本当は愛着のある同サーバーを買おうと思っていたのですが、
Amazonでは品切れしており世間が自粛しているなかで、
わざわざ探しに行くのも気が引けたので、Amazonで見つけたHARIOのサーバーを代わりに買いました。

ちなみに、サイズが450ml、700ml、1000mlと選べて、私の選んだサイズは450mlです。


当面はこれで凌いで、コロナが落ち着いた時にまた探しにいこうと思います。

とはいえ、このサーバーにも同じような愛着がわくのかもしれません。
明日からの抽出も楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

追記
後日探したらKalitaのサーバーも見つけました。

タイトルとURLをコピーしました