コーヒーが冷めないうちに!コーヒーは冷めたら美味しくないのか?

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

一般的には美味しくないと言われている

一般的に熱いコーヒーは冷めると美味しくないと言われています。

なぜなら抽出後は空気や光に触れることで急速に酸化が進み、味が劣化していくためです。

また香りが特徴的なコーヒーでは時間が経つことで空気中に香りが抜け出し、印象の薄いコーヒーになってしまいます。

人間の味覚から考えても、体温より下の温度では苦味をより強く感じやすく、熱いコーヒーが冷めてしまうというのはあまり好ましくないようです。

コーヒーと温度の関係についてはこちら

じっくり冷めたコーヒーと急冷アイスコーヒーとの違い

夏場によく飲まれる急冷アイスコーヒーは室温どころか、キンキンに冷えてやがりますよね。

冷めたコーヒーだから美味しくないのか?と考えてしまうかもしれませんが、こちらは一気に冷やす(急冷)ことにより味が劣化しないようになっています。

通常の熱いコーヒーが冷えてしまって美味しくなくなるのは、長い時間を掛けてゆっくりと空気や光に触れて酸化していくことが良くないようです。

またその間に香りも逃げていくこともパッとしないコーヒーになる一因に。

ちなみに、通常の水出しアイスコーヒーでは低温でじっくりと抽出していますので、熱いコーヒーとは含まれる成分が異なります。
よって、水出しアイスコーヒーは今回の“冷えたコーヒー”の中には含めないことにいたします。

実際に冷えたコーヒー飲んでみた

では、実際に熱々コーヒーを冷まして、時間経過における味の変化を見てみましょう。

今回はペーパードリップとフレンチプレスで抽出してみました。

ちなみに今回使用した豆はホンジュラスSHGです。

ペーパードリップ

冷えたコーヒー。ペーパードリップで淹れたもの。

熱いうちは普通に美味しいですね。

ネガティブな面がなく、苦味と酸味のバランスが取れており、ちょうど良いです。
香りはちょっと初めから若干薄めかも(笑)


〜1時間後〜

良い感じに冷えてきました。
相変わらずクリアな味わいで、苦味と酸味がいい感じです。
ただ苦味が口に残る感じがして、印象的でした。
正直、これはこれで好きです。

フレンチプレス

冷えたコーヒー。フレンチプレスで淹れたもの。

こちらも熱いうちは普通に美味しい。

フレンチプレスで抽出することでより濃厚なアロマを感じます。
まろやかな苦味が程よく顔を出しており美味しいです。


〜1時間後〜

冬場の温水プールくらいの温度になってきたので、早速飲んでいきます。
普通に美味しいですね。

ただやはり苦味が少し強くなり、えぐみも出てきたように感じます。
フレンチプレスでは違いが比較的顕著なようです。

ただ個人的にはこれも悪くないです。

美味しいコーヒーって結局冷めても美味しいよねって話

今回は時間経過におけるコーヒーの味の変化を見てみました。

うまく表現出来たかはわかりませんが、個人的に思うこととしては冷えても別に悪くはないんじゃないかということです。

一般的にはコーヒーは冷えたら美味しくないと言われていますが、良いコーヒーは冷えても違った顔が見えて普通に美味しいと私は思います。

というよりも、良いコーヒーは冷えても美味しいというのは、実はコーヒー好きの方にとってはわりと常識的な話です。

コーヒーは冷えて不味くなるというよりも、冷えて不味いことに気付くといった感じでしょうか?
美味しいコーヒーでは、冷えても別の美味しい面に気付きます。
もちろん美味しいコーヒーでも同様に、香りが飛んだり、成分が変わっていたりと良いことだけではありませんが。

逆に不味いコーヒーも熱々のうちに飲めばそこそこ誤魔化されるということですね。
結果としては美味しいコーヒーは冷めても美味しいということで間違いない、という結論になりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました