美味しいコーヒーのいれ方!4:6メソッドでコーヒーを淹れてみた

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

もう皆さんも一度は試したことある方もいらっしゃると思われますが、
味の安定に定評のある「4:6メソッド」でコーヒーを淹れたレビューをしたいと思います。

4:6メソッドとは?

この4:6メソッドとは、抽出量の前半の40%後半の60%に分けて、前半で「酸味・甘み」を、後半で「濃度の調整」を行う淹れ方になります。

このメソッドを提唱したのは2016年 ワールドブリュワーズ カップ(WBC)にて優勝を果たした“粕谷 哲さん”です。

まずはこちらの粕谷さんが4:6メソッドでコーヒーを抽出している動画をご覧ください↓

A Coffee Brewing Theory "4:6 method" Invented by Tetsu Kasuya_ World Brewers Cup 2016 Champion


では次にレシピをおさらいしていきましょう。

4:6メソッドのいれ方

<レシピ>
コーヒー豆 20g ←最大の粗挽き
お湯 300ml
抽出時間 3:30
抽出器具 ハリオv60

まずコーヒー豆の量はお好みに合わせて変更してもらって問題ありません。メッシュは必ず粗挽きにすることがポイントになります。

次にお湯量は、コーヒー豆の量に応じて決まります。
一回の注湯に注ぐお湯量は
(コーヒー豆の量)×3倍
の量で、これを×5回注湯します。

注湯の間隔は全て45秒間隔で、実際に淹れてみるとわかりますが、コーヒーが落ちきるタイミングで次の注湯を行なっている感覚です。


私はこのメソッドの最大のポイントは“注湯の調節”にあると考えています。

1・2湯目の抽出で「酸味と甘み」を調整しますが、例えば1湯目の注湯量を60mlから70mlに増やすと“酸味が強いコーヒー”に、逆に60mlから50mlに減らすと“甘みの強いコーヒー”に変化します。

この場合、1湯目で増やしたり減らしたりした量を2湯目で調節を行います。(1湯目に70ml注いだら2湯目は50ml注ぐように)


続いて3〜5湯目で「強さ・濃度の調整」を行います。
ここでのポイントは“注湯の回数”にあります。

粕谷さんのレシピでは3回に分けて注湯を行なっていますが、この回数を減らす(2回で90mlずつ注ぐこと)と、濃度を薄め、逆に回数を増やす(4回で45mlずつ注ぐこと)と、濃度が濃くなるのです。

こうすることで味の安定化を図り、且つ自分の好みに合わせて淹れることを可能としたメソッドになっています。

ここで、粕谷さんはハリオv60を使用していましたが他のドリッパーでも美味しく淹れることは可能なのか?
気になったのでさっそく検証してみましょう。

他のドリッパーでも美味しく淹れられるのか?

今回の検証に使用するドリッパーは、
「Kalita ウェーブ」

「Kalita 3つ穴式」
の2つに決めました。

比較的水はけの速さがはやくクリアな味わいが特徴のウェーブと、じっくり深い味わいを出す3つ穴式のドリッパーでもハリオv60と同様に安定した美味しさを提供できるのか検証を行います。

〜Kalita ウェーブドリッパーにて〜

レシピはそのままにウェーブドリッパーにて抽出を行いました。

「さすが味の安定を提唱している」というのが1番の印象です。
ドリッパーが変わってもしっかり風味の調節が行われていて、美味しいコーヒーを淹れることができました。

ちなみに検証には中煎りのコーヒー豆を使用しましたが、後半の抽出の回数は3回がちょうど良い濃度で淹れることができました。

〜Kalita 3つ穴式ドリッパーにて〜

続いてはKalitaの3つ穴式ドリッパーにて淹れていきましょう。

Kalita 3つ穴式ドリッパーの特徴であるじっくり抽出し、深みのあるコーヒーに仕上げるという点で、同じレシピで淹れると少し強いかなと感じました。

そこで後半の抽出を2回に減らして抽出を行なってみました。
すると先ほどより濃さが弱まりほどよい濃度で味わうことができました。

やはりドリッパーやコーヒー豆の特徴に合わせて注湯を変えれば美味しくコーヒーを淹れることが可能なメソッドであることを改めて認識できますね。
ぜひみなさんも試してみる価値が十分にありますので4:6メソッドでコーヒーを淹れてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました