注湯ごとの役割を意識したコーヒーの淹れ方

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

みなさんがコーヒーを淹れるときに考えてるのはどんなことでしょう?

「美味しくなーれ」

はたまた
「あー、今日も一日疲れたなぁ」

きっと色んなことを考えながら淹れていることかと思われます。

今回は注湯ごとの役割を知り、それを意識しながらコーヒーを淹れるとさらに美味しくなるのではないかと思いご紹介します。

注湯は何回まで??

今回も皆さんにインスタにて注湯の回数を質問させていただきました。その結果がこちらです↓

注湯の回数
1回 ⇨0%
2回 ⇨5%
3回 ⇨39%
4回 ⇨28%
5回以上 ⇨28%

という結果になりました。
あくまでも参考までのデータだということをお伝えしておきます。

ただ自分も注湯の回数は3〜4回で注ぎきることがほとんどです。
3回目くらいで目的量に達するため大体それくらいになるためです。

しかし、3回〜4回で注ぎきる方が多いのにはちゃんとした理由があります。

注湯ごとの風味の違いを飲み比べよう

今回注湯ごとのコーヒーの風味の違いを確かめるために番号の書いてある5つのカップを用意しました。

検証方法は至ってシンプルに、注湯をするごとに抽出されたコーヒーを注湯回数の番号のカップに注ぎます。

5回まで抽出をし、1のカップから5のカップまでのコーヒーを飲み比べて風味の変化を確かめました。

注湯ごとの違い

まず写真でもお分かりいただけると思いますが、色が明らかに違います。

1と2のカップは黒っぽく濃ゆい色をしてますが、3から5のカップは底の見える透明感ある色をしています。


では続いて風味はどうなのでしょうか?

①のカップ



んー、とにかく濃ゆいです。
コーヒーの味というよりも、苦味がダイレクトにくるので思わず眉間にシワを寄せてしまいました。

香りは鼻に抜けるような程よい香りを楽しめます。

②のカップ



こちらは先ほどまでのインパクトさはありませんが、やはり濃ゆく苦味のみを感じます。

香りはというと、①のカップと同様に注いだときに広がる感じがしました。

③のカップ



①、②のカップとは大きく異なり、柔らかく酸味や甘さを感じるようになりました。
なめらかな口当たりが優しい印象を与えます。

しかし逆に香りは先ほどまでと比べて物足りなさを感じます。

④のカップ



こちらも③のカップと同様に柔らかく、甘さを特に感じます。
ただコーヒーらしさはあまり感じられなかったです。

香りは近づけば香る程度です。

⑤のカップ



この⑤のカップは「薄いな」という印象が大きいです。
ほとんど味は感じず香りもそこまで広がらないため物足りなさしか感じませんでした。

注湯ごとの役割

上記の検証の結果により分かったことは、

①・②の注湯で「コーヒーの苦味・旨味・香り」をギュッと引き出し、
③・④の注湯で「コーヒーの酸味・甘み」を足します。

⑤以降の注湯は風味ではなく、これまでの抽出されたコーヒーの濃度を調整する役割があります。


一般的に酸味が先に抽出され後半で苦味が抽出されると考えられているのでこの結果が出たことに驚いています(汗)

これを踏まえた上で役割を意識しながらコーヒーを淹れてみましょう。

意識して淹れてみよう

<レシピ>
コーヒー豆 12g
お湯 140ml(90°)
抽出時間 1:52
抽出器具 ハリオv60

蒸らしまでの手順はこちらをご覧ください↓

ではさっそく1湯目に入ります。
1湯目は苦味・旨味をしっかり引き出すために大きく全体的にコーヒー粉が混ざるように回しながら注ぎます。
つまり、撹拌をイメージしながら注ぐことが大切になります。

1湯目の注ぐ範囲の目安

2湯目も同様に撹拌するように注ぎますが、先ほどより狭い範囲で注ぎコーヒー粉の土手ができるよう意識します。


続いて3湯目ですが、ここからは酸味・甘みの抽出を意識します。
先ほどまでとは異なり静かにゆっくり注ぐことで雑味のないクリアな味わいに仕上がります。

3湯目の注ぐ範囲の目安

4湯目も同様に静かにゆっくり注ぎますが、先ほどより狭い範囲で注ぎます。


5湯目以降は濃度の調整のためなので、回さず真っ直ぐゆっくり目的量に達するまで注ぎます。


以上の注湯で完成です。
お味の方はと言うと、苦味・酸味・甘みのバランスがしっかりとれてなめらかで雑味のない味わいです。

もちろん美味しいコーヒー豆であれば多少ぼーっとしながら淹れても美味しくなるなんてことはよくありますが、一度だけでも意識して淹れてみると違った風味を楽しめると思いますので試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました