究極の機能美!origami ドリッパー

今回はorigami ドリッパーについて書いていきたいと思います。
1〜2年前程から話題になり始めたorigami ドリッパーですが、
2018年中国ブリュワーズカップのチャンピオン ドゥジャーニンさんのドリップを見て私も購入を決めました!

オシャレかつ機能的なドリッパー!


【ORIGAMI JAPAN】オリガミドリッパー Sサイズ ブラック(陶器/1−2カップ用)[宅配便配送(メール便とネコポスは不可)]

いやー、凄くオシャレですね!



もっと美味しく、より美しく。バリスタの願いから生まれたプロダクト”とのこと。
バリスタの願いから生まれただけあって、高い水準での実用性、デザイン性を兼ねています。ドリッパー界の才色兼備 origami ドリッパーさんです。

このドリッパーの一番のポイントはやはり大きな縦溝でしょう。
この溝がドリッパーとペーパーの間の空気の通り道を確保してくれます。

origamiドリッパーをHARIO v60とKalita waveの二種類のペーパーフィルターで比較

ペーパーフィルターは上の画像通り、円錐用のフィルターとKalita wave用のフィルターの2通りが利用出来ます。

同じドリッパーでもフィルターによって違いが出せて面白いですね。

HARIO v60のフィルターとKalita waveのフィルターでは、前者の方が水はけが良く自分には馴染みましたが、後者の方が映えるなーといった感じです。

素材は蒸らしに適した磁気素材が使用されており、400年の歴史を誇る美濃焼で作られているそうです。

実際に使ってみた感想

使用するには上記画像のような専用のホルダーが必要になってきます。

Origamiの専用ホルダーはすべすべした木製です。

サーバーの上に直接置いて使えないでもないですが、ガラスと陶磁器素材の摩擦音が気になるので個人的にはしっかりとOrigami専用ホルダーとセットでの購入をオススメします。

まあでもドリッパーのホルダーについては似たようなものが結構あるので、ホルダーとして使えれば他の物でも代用が可能かもしれません。


ORIGAMI オリガミドリッパーホルダー KYT1300008

使用してみた感想としては、可もなく、不可もなくといった感じでした。
レビューとしては0点ですが、正直に思ったままの感想ですw

普段はHARIO v60 を愛用しているのですが、同じ1つ穴の円錐形ということもあって使用感は似ています。水はけもおおよそ同じくらいの速さでした。

まだ慣れていないせいか、HARIO v60の方が使いやすいように感じます。

今後もこまめに使っていく予定ですので、今以上に使いこなせてきたら再度感想をあげたいと思います。

以上、オシャレドリッパーorigamiさんのレビューでした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました