アイスコーヒーにおすすめのコーヒー豆【第2弾】

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

アイスコーヒーにオススメのコーヒー豆特集 第2弾!

以前アイスコーヒーにして飲むのに
おすすめなコーヒー豆を紹介した記事をアップしました。

今回、第2弾となります。

前回の記事をまだ見ていない方はこちらからご一読ください↓

アイスコーヒーには「急冷アイスコーヒー」と「水出しコーヒー」の
2種類あることを紹介してきましたが、
今回は急冷アイスコーヒーに着目して紹介していきたいと思います。

急冷アイスコーヒーの淹れ方

急冷アイスコーヒーは抽出したコーヒーを
すぐに冷ます
のを特徴としたアイスコーヒーのことを指します。

とにかくたくさんの氷を使用することがポイントです。

手順>(ペーパードリップでの淹れ方になります)
①ドリッパーにペーパーをセットし、挽いたコーヒー豆(細挽き)を入れる。

②サーバーに氷を入れる。

③目的量までドリップする。

④サーバー内の氷が溶けるまで攪拌したら完成!

抽出したコーヒーを急冷することで
味が締まり、スッキリとした味わいに仕上がります。

*他にも普段通りコーヒーを抽出し、
サーバーごと氷水につけて冷やす方法もあります。

おすすめのコーヒー豆 特集

エチオピア イルガチェフェG1

エチオピア イルガチェフェ 浅煎り コーヒー豆

焙煎度:ミディアムロースト
精製方法:ナチュラル

クリアな口当たりで柑橘系の風味で爽やかなコーヒー。

モカの独特な香りが鼻を抜けて目覚めの1杯にオススメのコーヒーへと仕上がります。

インドネシア バリ神山ハニー

インドネシア バリ神山ハニー コーヒー豆

焙煎度:フルシティロースト
品種:ティピカ
精製方法:ハニープロセス

複雑な苦味とマイルドなコクがクセになるコーヒー。

深みや重厚感のあるコーヒーが好きな方にオススメのコーヒーとなっています。

ケニア ルアライファクトリー

ケニア ルアライファクトリー コーヒー豆

焙煎度:フルシティロースト
品種:SL28、SL34
精製方法:ウォッシュド

苦味を感じつつも、後味がスッキリとしたコーヒー。

食事と共に飲むのがオススメなコーヒーとなっています。

Tips of coffeeでは自家焙煎珈琲豆を販売しています。
気になる方はぜひショップにお立ち寄りください。

ブラジル セルトン農園 100年樹

ブラジル セルトン農園100年樹 コーヒー豆

焙煎度:ミディアムロースト
品種:レッドブルボン
精製方法:ナチュラル

甘味を伴うバランスの取れたコーヒー。

クリーミーな味わいでミルクとの相性が良いコーヒーとなっています。

水出しコーヒーはコスパ重視!?

水出しコーヒーは一度の抽出で多くのコーヒー粉が必要となるため、
風味はもちろん大事ですが、
毎日飲む人はコスパ重視で選ぶといいです。

第1弾で紹介したように
某コーヒーチェーン店でコーヒー豆、または水出しコーヒー用のパック
などがおすすめです。

少し優雅なティータイムを過ごしたいときにだけ
スペシャリティコーヒーで抽出してみるとたまりません。

色んなアイスコーヒーを淹れてみてはいかがですか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました