エルサルバドル エルカルメン農園 ブルボンRA

今回ご紹介するのは、“エルサルバドル エルカルメン農園 ブルボンRA”になります。

このコーヒー豆は苦味が苦手な方でも飲みやすいとおすすめしたいコーヒーです。
クリアかつ上品な味わいで心も体もスッキリ、リラックスの1杯にいかがですか?

エルサルバドルとは?

グアテマラとホンジュラスの間に挟まれた中央アメリカに位置する“エルサルバドル”で栽培されるコーヒー豆はどんな特徴があるのでしょうか?

エルサルバドルの国土がおよそ2万㎢で、日本でいうと四国くらいの大きさになります。
これは中央アメリカでは最も小さい国と言われているほどの狭さです。

しかし人口はおよそ600万人と多く、人口密度の高い国でもあります。

そんなエルサルバドルの国土の大部分は標高の高い高地にあります。
赤道直下で暑すぎる気温はコーヒー栽培に向きませんが、この標高の高さのおかげで快適な温度でのコーヒー栽培がおこなわれています。


他にも火山灰性のミネラル成分を多く含んだ肥沃な土壌や日射量を調節するためにシェードツリーをコーヒーノキの横に植えたり様々な条件がそろって高品質なコーヒー豆を生産しています。

ちなみにこのシェードツリーは、最終的に腐葉土となり天然の良い土壌を作り出してくれる目的もあるのだとか。

こういった工夫もあって、エルサルバドルでは国内の農業生産の約30%、輸出総額の約50%がコーヒー豆とコーヒー豆の生産が国の経済を支えています。
同様の理由で国花も「コーヒーの花」が採用されています。

国内人口の約25%の人がコーヒー栽培に携わるほど需要の高い生産業なのですね。

エルサルバドルの精製方法に変化が・・・


コーヒー栽培の後の精製方法にも変化がみられています。
というのも現在多くの国で採用されている精製方法は“ウォッシュド”か“ナチュラル”ですが、エルサルバドルでは“パルプトナチュラル”に注目を置いています。

このパルプトナチュラル法とは、ナチュラルとウォッシュドの中間の方法と言われていますが、その大まかな手順が以下の通りになります。

収穫したコーヒーチェリーの外皮と果肉をパルパーで取り除く際にミシュレージと呼ばれる内果皮を少し残す点がポイントです。

パルパーにかける前に完熟した果実以外を除去するため品質の向上が見られるようになりました。
この精製方法は近年、ブラジルでも取り入れられるになったことで注目されました。

実はコスタリカではこの方法を「ハニープロセス」と呼んでいます。
なぜかと言うと、コスタリカではミシュレージのことを“ミエル(はちみつ)と呼ぶからです。

また、そのミシュレージの残し具合によっても呼び方を変えており、完熟の実のぬめりを残すのは「ブラックハニー」、完熟の前の実のぬめりを100%残すのは「レッドハニー」、半分だけを残すのが「イエローハニー」、ほんの少しだけ残すのが「ホワイトハニー」と呼ばれています。

この方法で作られたコーヒーも「ハニーコーヒー」と呼ぶのだそうです。


ちなみにこの方法で作られたコーヒー豆は、“しっかりとした甘み”と“クリーンな味わい”が特徴です。

伝統を引き継ぐ農園


この“エルカルメン農園”は元大統領であるクリスティアーニ氏がオーナーを務めていることから話題になりました。

しかし世界中から注目されるようになった理由はそれだけでなく、エル・カルメン農園はエルサルバドル国内で初めてレインフォレスト・アライアンスの認証を受けたのだそうです。
さすが元大統領がオーナーというだけあって自然環境を第一に考え、その上で美味しいコーヒーを作り出すとは見事なものです。

ちなみに“レインフォレスト・アライアンス”とは、簡単に言うと持続可能なもの、つまり環境に配慮した上で産業しているものに与えられる称号でカエルのマークが目印になります。


さらにエルカルメン農園は代々ずっとブルボン種の栽培を中心にしている伝統的な農園でもあります。

ブルボン種はパカマラ種に比べてあっさりとした口当たりとなります。
このブルボン種は病害虫に弱く、収穫が二年周期で農家の方は生産をあまり好まないのですが、味の定評があり、ブルボン種を買うお客様が多いためこの農園のように絶えずブルボン種に力をいれている農園があるとコーヒー好きとしては嬉しいです。

美味しい抽出レシピ


<レシピ>
コーヒー豆 12g
抽出量 140ml
抽出時間 2:01
湯温 88℃
抽出器具 ハリオv60

以上の抽出方法で淹れたコーヒーは口当たりがよく、ほのかに香るオレンジのようなフルーティな風味、そしてすっきりとした後味がこのコーヒーをしっかりとまとめてくれます。

このような味が生まれるまでには、多大な労力が惜しみなく使われております。
生産性の低く手間の掛かるブルボン種を直射日光を避けた日陰で栽培し、さらに一つ一つ丁寧に熟した実をピック、そこから摘んだ豆に水洗処理(ウオッシュド)を行うことで、完熟実の甘味のある爽やかな酸味を生み出されております。

ハリオv60による抽出の様子
Hario v60による抽出


酸味★★★★☆
苦味★★☆☆☆
甘味★★★★☆
コク★★☆☆☆
香り★★★★☆

このフルーティな味わいをより引き立たせる淹れ方として、オレンジやレモンなど柑橘系のフルーツを添えてコーヒーと一緒にいただいてもらうのはいかがでしょうか?

ぜひ興味のある方はお試しください。

タイトルとURLをコピーしました