セブンのオリジナルドリップバッグコーヒー飲んでみた

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

セブンのドリップバッグ淹れてみました

今回はセブンのコーヒー陳列棚に置いてあったドリップバッグコーヒーを飲んでみました。

パッケージにはスペシャルティコーヒーと書いてありますが……
うーん、
味云々や価格は抜きにしたとしても、トレーサビリティーが明確でない以上、スペシャルティコーヒーを名乗っていいものか……
生産国はグアテマラ、ニカラグア、他と書いてあります。

若干引っ掛かりを覚えつつも、とりあえず開けてみました!

香りはいい感じですね!

ドリッパー部分は底が浅い台形になっており、ペーパーもかなり薄いです。
スムーズに開くようになっており、高性能感ありありです。

これは期待できそうです。

このドリップバッグは内容量が7.5g、140mlの抽出が目安となっていますので、
とりあえず書いてある淹れ方とおりに淹れていきます。

沸かしたてのお湯を少量、こな全体に掛けて10秒蒸らし、2〜3回に分けてお湯を注いでいきます。

セブンのドリップバッグを飲んでみた感想

手順通り淹れましたが、率直な感想としてはかなり薄いです。

酸味も苦味もあまりなく、クリアな味と言えなくもないと思います。

濃い目に淹れるほうがオススメ

蒸らしの時間を20秒に伸ばし、じっくり時間を掛けて注いでいくことで、少し濃ゆめにいれてみました。

濃ゆくはなりましたが、全体的には印象が薄い味ですね。

とはいえ、先程よりかはいくらか美味しいです!

というわけで、セブンのドリップバッグ オリジナルブレンドの総評としては可もなく不可もないコーヒーといった感じです。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました