bodum KENYA フレンチプレス

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

お手軽に美味しいコーヒーを淹れられることで人気のあるフレンチプレス。

その中でも特に私が愛用している
「bodum KENYA フレンチプレス」
について紹介していきたいと思います。

フレンチプレスの定番 bodumのこだわり

bodum社とは1944年、
北欧デンマークにて創業されたキッチンウェアブランドです。

シンプルなデザインと実用性に優れた商品は世界55カ国にまで広がりを見せており、
毎日の食卓や料理、素材の美味しさを引き立たせる役割を果たしています。

特にデザインにはこだわりが強く、
『良いデザインは高値であってはならない』というポリシーのもと、
変わらぬシンプルなデザインを貫いているようです。


ただただシンプルであればいいというわけではなく、
無駄な装飾を省き、効率的・機能的の部分をのみを重視したデザインというわけです。

さらに安価で抑えるために素材選びにもこだわりがみられます。
長年愛用して使い続けることができる商品を提供する、
となると文句のつけようがありません。

そんな多くの人を魅了してきたフレンチプレスとはどのようなものなのでしょう?

優秀すぎるフレンチプレス

フレンチプレスと言えば、
“コーヒー豆の風味をダイレクトに抽出する”ことに定評があります。

まさにその通りです!
コーヒー粉とお湯が直接触れ合う浸漬式の抽出によって、
抽出技術に依らないコーヒー豆本来の味がそのまま抽出されるため、
特に品質の高いスペシャルティコーヒーなどを淹れるの際にオススメです。

ですがそれだけで終わらないのがフレンチプレス。
「誰にでもお店の味を再現できる」
これこそがプレスの最大の魅力ではないでしょうか?

コーヒー豆の量とお湯の量、時間さえ守れば、
誰にでも美味しいコーヒーを淹れることが可能です。
家庭で簡単にお店の味が再現出来るのは魅力的ですよね。

そして何と言ってもおしゃれなデザイン。
これはbodumに限らずフレンチプレスは全体的に、
どれもインテリアに出来るほど味のあるデザインが多いです。
飾っているだけで気分が上がり、コーヒーを飲みたい意欲も上がります。


bodumのKENYAシリーズのフレンチプレスには大きく分けて2種類のデザインがあります。
本体ガラスを囲っている部分がストレートか曲線かという違いになります。

私は曲線タイプのものを購入しました。
こちらのほうは柔らかいイメージがあり、ストレートなタイプのものはクールなイメージです。

最近ではカラーバリエーションも増えているようで、それぞれ好みに合ったプレスを見つけることができるようになっています。


サイズも350ml、500ml、1Lの3つのサイズがあり、用途に合ったサイズをお選びいただけます。
私は基本的に1〜2杯分の抽出なので350mlのサイズのものを購入しました。

フレンチプレス 本領発揮レシピ 3パターン

今回は少しずつ淹れ方を変えた3つのアイディアを紹介したいと思います。
全部試してみて自分にあった淹れ方を見つけみてください。

オーソドックスな淹れ方

・コーヒー豆 16g
・抽出量 300ml
・抽出時間 4分
・蒸らし 35秒

まずはフレンチプレスの中にお湯を入れて器具を温めます。

次にコーヒー豆を粗挽きに挽いて、
あらかじめ入れておいたお湯を捨てた後に、
フレンチプレスの中にコーヒー粉を入れます。

一投目50mlほどを注ぎ、軽くフタを被せます。
この時プランジャーは上げたままです。

30秒たったら残りのお湯およそ250mlを注ぎ、
蓋をして4分間待ちます。

4分経ったらプランジャーをゆっくりと下ろして完成です。

勢いよくプランジャーを下げると中身が飛び出して大変危険です。

フレンチプレスの攪拌抽出

・コーヒー豆 16g
・抽出量 300ml
・抽出時間 4分
・蒸らし 35秒

攪拌抽出も先ほどのオーソドックスな淹れ方と同じレシピで行います。

一投目の注湯で300mlほど注ぎましたらマドラーやヘラを使って、
表面に浮いているコーヒー粉を沈めるように軽く攪拌します。

スプーンで撹拌している様子

あとは先ほどと同様にフタをして4分間待ちます。
4分経ったらプランジャーを下げて完成です。

TVでみたフレンチプレスの攪拌抽出の記事はこちら。

ペーパーフィルターでろ過する

濾過している様子

フレンチプレスで抽出したコーヒーをドリップ用のペーパーフィルターで、
ろ過することで微粉やコーヒーオイルが吸着されクリアなコーヒーを楽しむことが出来ます。

微粉やコーヒーオイルが香りやコクを出しているという面もありますので、
フレンチプレスの長所を潰してしまっている感じはありますが、
普通に美味しいコーヒーには仕上がります。

左:通常のプレスコーヒー 右:濾過したコーヒー

ペーパーフィルターでろ過すると目に見えてわかるほど透明感が上がりましたね。
なんだかんだどっちも美味しいです。

最後に

普段の抽出でも大活躍のフレンチプレスですが、
まだまだ知らない方や苦手な方も多く居られる印象があります。

この優秀さが本記事を通して皆さまに少しでも伝われば嬉しいです。
まだペーパードリップでしかコーヒーを淹れたことがないという方も、
ぜひこの機会にフレンチプレスでのコーヒー抽出を初めてみてはいかがでしょうか?



最後まで読んでいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました