スターバックス ホワイトモカを飲んでみた! 

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。


今日は寒い日が続く今の時期にぴったりなフレーバーコーヒーをご紹介します!!

それは、、、

スターバックスのホワイトモカです。

スタバ好きな方ならきっと一度は飲んだことがあるくらい人気のホワイトモカがお家でも飲めるというなんとも嬉しいことですよね。

ホワイトモカとは?

名前の通り風味としては、ホワイトチョコレートのような香りがふんわり広がります。香りだけでなく味もほどよい甘さでやさしい口当たり。この寒ーい時期にはほんとに心も体もぽかぽかにあたためてもらえて手放せないです。

またお店の味を再現したい場合は、お湯ではなくミルクを注ぐことでお店の味に近づくのも魅力の一つです。こちらはホットでもアイスでも風味を楽しめます。一杯あたり180mlになります。もうホワイトモカ好きのわたしには最高の一品ですね。

ちなみにコーヒー自体は厳選されたアラビカ種を使用しています。そのため豊かな香りとなめらかなコクもあります。フレーバーコーヒーであってもコーヒー豆までこだわるなんてどこまで優しいのでしょうか。

コーヒーの概要

このホワイトモカはスティックタイプで、10g×5本入りです。
一本(10g)あたり39kcal。

この量入って税抜き650円のためお店で飲むのに比べるとリーズナブルなお値段のように感じます。

ホワイトモカ コーヒー粉
ホワイトモカの粉


まぁ、ホワイトモカの風味を出すために砂糖などが入ってあるのを考慮するとそこまで高くないカロリーなのかな?と私は思いますね。結局カロリーが高くても飲んでしまうんですけど、、、(笑)

粉を見る限りかなり白くすでに甘そうなのが伝わってきます。


ところで、箱の上に大きくVIAと書いてあるのですが、みなさんはどういう意味か知っていますか?

VIA!?


VIAとは、お湯やミルクを注ぐだけで簡単に作れるインスタントタイプのコーヒーのことを指します。

いわゆるスティックタイプやインスタントコーヒーと一緒のタイプですね。


このVIAは、お店の味を再現するために開発に約20年もかけているという話を聞きました。
すごいですよね。ここまでしっかりこだわって、クオリティの高いコーヒーができているんだと思うと余計においしさがアップしているような気がします。

最後に、、、


今回じつは私は何も知らなくてお湯でコーヒーを淹れて飲んだのですが、それでも香りも風味も文句なしに美味しかったです。

ですが今度はオールミルクで飲んでみたいですね。
さらに風味が増すなんて楽しみで仕方ないです。

みなさんも、お湯とミルクの両方で試してみてはいかかでしょうか?

ホワイトモカ コーヒー
スタバ ホワイトモカ


2020年1月20日追記

タイトルとURLをコピーしました