コスタリカ コーラルマウンテン 

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

澄み渡る青い海。

そこに広がる豊かな自然。

環境条件に恵まれた土地で栽培されたコーヒー豆はいかがですか?

コスタリカってどんな国??

コスタリカは中米の南部に位置しており、スペイン語で「豊かな海」という意味を表しています。
太平洋とカリブ海を分岐する高地にて、絶好の気象条件をもとに栽培されています。

1971年にコーヒー栽培が始まり、国土がとても小さいながらも、収穫されるコーヒー豆のクオリティはとても高く根強い人気を保っています。小さな国土の中で約42%が農牧地、約38%が熱帯雨林という豊かな自然と生態系に恵まれております。

コスタリカの主なコーヒーの産地は中部高原と呼ばれる内陸の高地で、年々小規模農園が増え続けてきています。ロブスタ種の栽培は法律で禁止されているため全てアラビカ種の栽培を行っています。特にカトゥーラ種やカトゥアイ種の栽培が主流です。

今回ご紹介するコーラルマウンテンは、世界最高級のコーヒー豆のひとつで、サンホセ西部に位置するタラス川をはさんだトレスリオスとコラリージョを結んだ山岳地帯の急斜面にて栽培されています。

コスタリカ国内 おおよその位置

標高は1400m〜1500mで、あまりの急斜面のため収穫は身体にロープをまきつけて、バスケットがいっぱいになるまで赤く熟した実だけを一粒ずつ丁寧に手摘みしています。

コーラルマウンテンの特徴

山岳地帯で育ったコーラルマウンテンは収穫してから水洗いをした後、「サンドライ」と言って天日干しにて乾燥処理を行っています。
この天日干しは機械を一切使わずに自然の太陽光のみで乾燥させる方法で、コーヒーチェリーの水分含有量が50%から12%前後になるまで約一週間かけて乾燥させ内果皮つきのパーチメントコーヒーにします。

この作業により、まろやかな香りが生まれ出来上がったコーヒー豆はよくカリブ海の海底に潜む黒サンゴに似た輝きと例えられます。

世界最高級のコーヒー豆であるコーラルマウンテンは、厳選された農園で限定生産され、古くからドイツを始めとした品質を重視する自家焙煎業者に販売されてきた由緒あるコーヒー豆です。

気になる風味と淹れ方

まず豆の状態のままでも広がる芳醇な香りに心を踊らせながらも、一口飲んでみると雑味のないクリアな口当たりに優しくもしっかり感じる酸味。この味わいは高い標高による昼夜の寒暖差によって生み出されています。

しかしコーラルマウンテンは、他のコスタリカコーヒーに比べて比較的酸味が少ないので深く煎る必要がありません。
ミディアムローストまたはハイロースト(中煎り)で上品な酸味と甘み、芳醇な香りを味わうことができます。

コスタリカ コーラルマウンテン

<味の5段階評価>
苦味 ★★☆☆☆
酸味 ★★★☆☆
甘み ★★★★☆
香り ★★★★☆
コク ★★★☆☆

上記の風味を感じた淹れ方をご紹介します。

シティローストの豆をネルドリップにて、
コーヒー豆:13g
お湯:140ml(87°)
蒸らし:20秒
抽出: 2分06秒(4回注湯)
この抽出方法での味の評価になります。

ネルドリップにて抽出
タイトルとURLをコピーしました