使い勝手がいい!? ポーレックス コーヒーミルの機能性

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

皆さんはお家でコーヒーを淹れる際、コーヒー豆を挽くところからおこなっていますか?

その時どんなコーヒーミル使っていますか?

自分が使ってきた中で「これはぜひ魅力を伝えたい」という商品をご紹介します。

手挽きコーヒーミルって結局どれがいいの?

家庭で淹れるのであれば手挽きコーヒーミルでも十分美味しいコーヒーを淹れることができます。
さらに、一杯か二杯分くらいであればなおさら大きな音もせず簡単に挽けます。

そんな手挽きコーヒーミルの中でも「何を選んだらいいの?」と悩んでいませんか?

自分は迷わずおすすめするのが、ポーレックスのコーヒーミルです。

今では一度使ったら他のコーヒーミルには戻れないほど愛用しています。

ポーレックスの魅力

何からご紹介するべきか悩むところではありますが、、

まずはポーレックス コーヒーミルには2つのサイズがあります。

約30gのコーヒー豆を挽くことができる長いタイプのコーヒーミルと、約20gのコーヒー豆を挽けるミニサイズの2種類です。
長さは18.8cmと13.2cmで約5cmの差がありますがなんと値段はどちらも変わらず定価5,800+税となっております。

自分は一度に多くても二杯分のコーヒーしか淹れないことと、滑り止めにもなるハンドルバンドが付いていることからミニサイズを購入しました。
とてもコンパクトで手が小さい自分でもしっかり握ることができるサイズ感もお気に入りポイントです。

このコンパクトなサイズに対してハンドルが長めに設計されているので力ずくで挽くのではなく、スムーズにコーヒー豆を挽くことができます。
ポーレックスはハンドルと本体の接続部分を六角形から長方形に改良したりと、挽きやすさにかなり力を入れていることもわかります。

それだけでなく、簡単に粒度調節を行うことができます。
粒度調節の方法は、コーヒー粉の受け容器を外すと見える調節ねじを緩める(左回り)と粗く、締める(右回り)と細かく挽くようになっています。
この調節ねじを回したときに“カチッ”となるのを「クリック」と呼び、このクリックの回数で粒度調節を行うのが一番簡単な方法です。

説明書には、
ターキッシュ:1-2クリック
エスプレッソ:4-5クリック
エアロプレス:6-9クリック
フィルター:10-11クリック
フレンチプレス:12-13クリック
と表示されています。

がしかし、実際に挽いてみた画像がこちらです↓

写真からわかるように、普段ペーパードリップで淹れる際、説明書ではフィルターは10-11クリックと書かれていますが、自分は8クリックの大きさで淹れています。
ちなみに10-11クリックはネルドリップで淹れる際の大きさにしています。
このように一回全ての粒度を試した上で、自分で何クリックがどの抽出方法に合うかを決めれば粒度調節が簡単にできるようになります。

でも高いもんな…

「いやいや、ちょっと高くない?」
と思われる方も少なくないと思います。
(もっと高いコーヒーミルがあることは置いておく)

よーく考えてください!
これから先ずっと長く使っていくと考えた場合、少し値段が高くても使い勝手がよくて長く使えるものを選びますよね。

ポーレックスのコーヒーミルは部品ごとにすべて分解して水洗いができるため新品同様の状態を長く維持することが可能となっています。

分解した写真

コーヒー粉は時間が経つにつれて酸化してコーヒーの香りを邪魔したり、コーヒー豆の挽き味が悪くなったりします。
なので使用後に分解してしっかり隅々まで水洗いすることで毎回挽きたての味と香りを楽しむことができます。
水洗いはセラミック刃は歯ブラシ、その他の部品は柔らかいスポンジなどを使って洗うといいです。

コーヒーミルはセラミック刃を使用しているため金属臭は無く、コーヒーそのものの匂いを楽しむことができます。
また摩耗しにくく、錆びることもないため安心して長く使えます。

このように他の手挽きコーヒーミルと比べると値段が高くありますが、その分使い勝手の良さと長持ちする機能性のよさからポーレックスのコーヒーミルを購入することをぜひおすすめします。

ポーレックスが使いやすい

ここまででもうだいぶポーレックスの魅力をお伝えしてきました。
主に機能性を中心にご紹介しましたが、ポーレックスのコーヒーミルにはもう一つ他の手挽きコーヒーミル と比べて利点があります。
それは、、、

コンパクトでスタイリッシュなデザインです。

こちらが他のコーヒーミルと比較した写真になります。

左:ポーレックス 右:ハリオ セラミックコーヒーミル

実際に比較してみるとそのコンパクトさが一目瞭然です。
さらには本体のステンレスのみのシンプルなデザインが映えるためインテリアとして置くのもいいです。

コンパクトな設計はアウトドアに持っていったりとカバンに収まるので便利です。

さらに冒頭で話した滑り止めにもなるハンドルホルダーはミニサイズにしか付いてきませんが、大きいサイズの方にもつけることができます。
そのためどちらのサイズであってもハンドルを差し込んで収納ができるので場所もとりません。

最後に

ポーレックスを買ってからはコーヒー豆をゆっくり丁寧に挽く楽しさを改めて感じました。
コンパクトでおしゃれなデザイン、ハンドルが長いことで力を入れすぎずに挽くことができ、セラミック刃により臭い移り・摩耗が生じない、部品ごとに分解できるためコーヒーオイルを随時落とすことができます。

これだけたくさんの機能性に溢れているポーレックスのコーヒーミルをぜひ一度使ってみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました