HARIO v60 ドリップスケールについて

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

本日はHARIOのスケールについて私が実際に使用してみた感想を書いていきたいと思います。

HARIO v60 ドリップ スケールの仕様

こちらのスケール2g〜2000gまで計量可能、最大カウント時間は99分59秒。
正確に計測していませんが、単4乾電池2個でかなりの時間動きます。
コーヒー抽出には十二分な性能です!

HARIO v60 ドリップ スケールの特徴

まず一番の特徴としては重さだけでなく、時間まで測れるところだと思います。
抽出時間は、コーヒーの味を決める上で大きな要因となりますので、この機能は非常に便利です。

次に、コーヒーの熱さに耐えられる耐熱性です。
熱いコーヒーも安心して淹れる事が出来ます。安価なスケールだとこうはいきません。まさに、コーヒー抽出のためのスケールです。

更に親切なのが、取扱説明……トリセツです。
なんと日本語だけでなく、英語でも書かれています。私は日本語が苦手なのでこれは嬉しいです。

そして何と言っても、このデザインです。
見てください、このボディ!カッコいいですね!

洗練されたスタイリッシュなデザイン、落ち着いたブラックなカラー!

正直、このデザインに惹かれて購入したと言っても過言ではありません。
この質感大好きです。

考えてもみてください、時間を測れるだけのスケールならタイマーとスケールを別々に準備すれば事足ります。2500円くらいあれば買えます。

それと引き換え、HARIOのスケール、3000円オーバー。
にも関わらず、非常に人気があり実際にカフェなどでもよく見かけます。
私も間違いなく値段以上の効用を得ています。人気の秘訣はデザインにあり、とまでは言いませんが、実用性だけではないことは確かです。

いかがでしたでしょうか。実用性、デザイン共に優れたHARIOのドリップスケール、気になった方は是非使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました