スタバ スプリングシーズンブレンド 2019

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

まだ肌寒い今日この頃、早くも桜の開花が確認され始めました。
皆様如何にお過ごしでしょうか?

卒業、入学、出会いの季節ということで、新生活に向けて一歩大人のコーヒーをご紹介したいと思います。

その名もスターバックス スプリングシーズン ブレンドです。

綺麗な桜色がオシャレですね。パッケージは川面に舞い渦模様を描きながら流れる桜をイメージしてあるそうです。

なんとなく隅田川の情景が浮かんできますね〜

桜の名所ならば、おそらく日本ではないでしょうか。イメージの元となった聖地が気になるところです!

実際に飲んでみて

スタバ スプリングシーズンブレンド2019 中細挽き

焙煎度はダークローストになります。
ちなみにダークローストはスタバ特有の焙煎度合で、だいたい深煎りくらいです。

まずは紙袋の香りなんですが、袋を開いた時からチョコのような甘い香りがしました。
いい匂いのする紙袋は世の中数多あれど、スタバの紙袋はその中でも上の方ですね。
甘く上品な香りがします。流石はスタバといったところでしょうか。
紙袋ソムリエも私も思わず脱帽する程いい匂いなので、是非嗅いでみて下さい。

横道に逸れましたが、豆の香りですね、
深煎りらしいスモーキーな香りと、爽やかさがあります。

豆を挽くと部屋中に香りが広まり、コーヒー好きにはたまらない瞬間。

確かに自家焙煎と比べ鮮度は落ちてくるものになりますが、香りを嗅いでいる限り巷で言われているほど悪いものには感じないですね。

スタバ スプリングシーズンブレンド2019

ということで、今回はフレンチプレスでいただきました。

ボディがしっかりとしており、飲みごたえがあります。

酸味はあまり目立たないですね。型にはめるような言い方になりますが、深煎りらしい味で、美味しいです。

桜と聞いて想像していた味とは違いますが、暖かな陽射しがさす新生活にぴったりな味ではないでしょうか。

コーヒー好きにの方も、コーヒー初めての方も是非一度お試しください。

タイトルとURLをコピーしました