予算1万円から始める本格ハンドドリップ

スポンサーリンク
この記事は約13分で読めます。

用意するものと大まかな予算分配

  1. コーヒーミル(¥3000〜4000)
  2. ドリップケトル(¥2500)
  3. ドリッパー(¥500)
  4. サーバー(¥2000)
  5. コーヒー豆(¥1000)

1、コーヒーミル

まずはコーヒーミルからです。
こちらは本格的なコーヒーを楽しむためには必須ですね。
せっかく手間を掛けて淹れるコーヒーが品質劣化の美味しくないコーヒーでは意味がありません。
手で挽くのは大変ですが、楽しいです。

この時の出てくる香りはコーヒーを淹れる人の特権です。存分に楽しみましょう。

下のコーヒーミルはまさに安くて、そこそこの性能といった感じです。
初めから高いコーヒーミルを買っても違いがわからないだろうといった方におすすめです。

上記のコーヒーミルで満足出来なくなってきた方は、
ぜひこちらの記事を参考に自分にあったコーヒーミルを探してみてください。

電動のコーヒーミルが欲しい方はKalitaのナイスカットやみるっこといったものがオススメです。

2、ドリップケトル

普通のやかんではダメなのでしょうか?
勿論そんな事はありません。

しかしオススメは出来ません。
実際に実験がてら試した事はありますが、太いやかんで注ぐのは非常に難しい。
通常コーヒー粉全体をお湯が通っていくように静かに注いでいくのですが、
太い注ぎ口のやかんはまるでダムが決壊したかの様に流れ出ていきますので、
お湯がコーヒー粉に充分に浸透せずにそのまま流れ去っていきます。

まさに災害ですね。

慎重に注いで何とか作ったコーヒードームも圧倒的物量で押し流していきました。
これでは美味しいコーヒーを淹れる事は、
かなわないと実験を開始して早々に心を折られたのも記憶に新しいです。

個人的なオススメはこの小さいタイプです。
コンパクトで使いやすい!
一杯あたり160ml、二杯で300ml程度のお湯があれば十分ですので、
こちらの350mlタイプのものが一人暮らしではベストだと思います。

家族にも淹れてあげる予定がある方はこちらの大きめのサイズのドリップケトルがオススメです。

3、ドリッパー

自分はHario v60 推しです。非常に使いやすい、汎用性が高い。
また大きい1つ穴で抽出も比較的早めに済みます。

ついでに良心的お値段。

最近では海外でも注目されており、
Hario v60を使ったコーヒースタンドも割と見かける様になりました。

Hario v60は様々なサイズ、陶器タイプ、プラスティックタイプ等有りますので、
ご購入の際は間違わないようにご注意してください。

下のものはサイズ01、プラスチック製のものです。

4、サーバー

コーヒーサーバーはドリップスタンドを用いてカップにそのまま注いだり、
100円均一のお店にある計量カップで代用したりといったことで代用可能です。

余程のことがなければコーヒーの味にも大した影響は出ません。

しかし、遊びに来た友人や家族に提供する際にあれば便利です。
目盛りが付いているので、スケール(はかり)を使わない人はあった方が断然良いです。

自分はカップよりもむしろサーバーにコーヒー淹れたまま直接飲んだりとしていますね。
非常に飲みづらい事この上ないですが。

オシャレなサーバーを使うだけで人生の幸福度が上がること間違いなしです。

5、コーヒー豆

お楽しみのコーヒー豆ですね。
新鮮なものであればお好きなものをどうぞ!

近くの自家焙煎のお店で店主に相談してみるのも楽しいかもしれないですね!

注文後焙煎のネットショップや、生豆を自身で焙煎してみるなど豆の鮮度にこだわりましょう。
焙煎後、2〜3日程度が飲み頃です。
鮮度のいい豆は一部例外はあれどよく膨らみますので、
豆が膨らむかどうかを1つの目安に美味しいコーヒーを探してみてください。

膨らまないのは自分が下手だから膨らまないのでは?と悩む方が多くいらっしゃいます。

しかし、太いやかんでエンジェルフォールの如く注がない限り、新鮮な豆は膨らみます。

極端な深煎りや、浅煎りでは膨らまないものもあります

なので、膨らまない美味しくない豆は悩むよりも先に次の豆を試してみましょう。
これが一番手っ取り早い解決策です。

自分に合った豆を探すのは、大変ではありますが楽しい時間になると思います。

Tips of coffeeの焙煎する豆はこちらから購入出来ます。

自宅で珈琲を淹れる楽しみ

お店へ行って飲めば600円そこらのコーヒーも、
同じ600円でコーヒー豆を買って家で淹れれば、
およそ9杯くらいは淹れることが出来ます。

カフェで飲むコーヒー代500円のうち原価はおよそ10〜15%前後です。
場所代やサービス代、人件費等もありますので、
単純に比較する事は出来ませんが、
合理的に考えるならば家で飲むほうが賢い選択であるかと私は思います。

これだけ言ってしまえば、一見して守銭奴のようですね笑
しかし私が自宅でハンドドリップをオススメする理由はむしろ真逆の考え方によります。

私は経済的理由以上にコーヒーを淹れるという経験自体が得難いものだと感じています。
コーヒーを挽く際の香りも、ムクムクと膨らんでいくコーヒー粉も、
自分で淹れて初めて感じることのできるものです。

自分のお気に入りの豆を、淹れる直前に挽き、
丁寧にじっくりと抽出していきます。

たまに濃ゆめの抽出をしてみるといったこともいいでしょう。

早めに注いだり、いつもより熱めのお湯を注いだり自分の気分で味を変えられます。

お店とは違ったコーヒーの楽しみ方が可能です。
是非、ハンドドリップの世界へのめり込んでみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでも参考になり、初めての一杯が美味しい物になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました