生まれ変わった!マックのコーヒー

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。


2008年発売以来、幾度となくリニューアルを重ねより多くの人に愛されるコーヒーを求め続けてきたマクドナルドの“プレミアムローストコーヒー”が今回2019年の10月15日さらに生まれ変わりました!

2017年1月以来、2年9ヶ月ぶりに新しく生まれ変わったマックのプレミアムローストコーヒーの生まれ変わった点に着目していきましょう。

これまでのコーヒーにブレンドされているコーヒー豆


これまでブレンドされていたコーヒー豆は、
・コロンビア
・ブラジル
・グアテマラ
産の3種類のブレンドでした。

がここに、“エチオピア産のモカ”を加え4種類のブレンドとして2017年にリニューアルされました。
さらに、アラビカ種100%と品質へのこだわりも見られます。

しかし、このモカを加えたことによって逆に「酸味が目立つ」と言った声を聞くようになったとも言われていました。

マクドナルドプレミアムローストコーヒーのブレンドされている豆の種類

コーヒーのサイズと特徴


当時プレミアムローストコーヒーはホット/アイス共に、
Sサイズ 100円(税込) 175ml
Mサイズ 150円(税込) 300ml
と非常にお手頃な価格で販売されていました。

白をベースに「McCafe」のロゴが描かれたシンプルだけどオシャレなデザインカップでのご提供となります。

マクドナルドの旧プレミアムローストコーヒー

こだわりの抽出


マクドナルドでは提供までの効率化を図って高精度のコーヒーマシンを装備されています。

普通、コーヒーマシンはエスプレッソ同様に一気に高い圧力をかけてスムーズにコーヒー抽出を行うものですがマクドナルドのコーヒーマシンは他とは異なります。

というのもコーヒー抽出に“ハンドドリップ”を参考にしており、“蒸らし”の工程をいれたり、およそ4分とじっくり時間をかけて圧力をかけずゆっくり抽出することによってコーヒー豆そのものの美味しさを引き出すことにこだわっているのだそうです。

このこだわりによってマクドナルドのコーヒーは華やかな味わいになっていたのですね。

旧プレミアムローストコーヒーを飲んでみた感想


100円という価格でここまでの美味しさを感じることができるとは驚きました・・・。

香りはどちらかというと薄めでしたが、風味は苦味を感じながらも優しい酸味がありバランスがとれていました。


強いていうならば、時間がたち温度が冷めてくると酸味がツーンとしたものに変化してしまうので温かいうちに飲み終わることを推奨します。

生まれ変わった新プレミアムローストコーヒー


さて、お待たせしました。

2017年以来およそ2年9ヶ月ぶりに新しくリニューアルされた「新プレミアムローストコーヒー」とは一体どのようなコーヒーに仕上がっているのでしょうか?

これまでのコーヒーとの違い

マクドナルドのプレミアムローストコーヒー、ブレンドされている豆。グアテマラ、コロンビア、ブラジル、エチオピアにニカラグアとペルーが追加された


これまでのコーヒーとの大きな違いは、“ブレンドするコーヒー豆の種類”と“焙煎度合”にあります。

〜新たに加わったコーヒー豆〜
これまでのコロンビア・ブラジル・グアテマラに「ペルー」と「ニカラグア」が新たに加わりました。

この2カ国で生産されたコーヒー豆が加わったことによって酸味を抑える目的があります。

〜レインフォレスト・アライアンス認証〜
日本マクドナルドのコーヒーは徐々に、RA認証(レインフォレスト・アライアンス認証)のコーヒーに切り替えているとのことで、2019年10月現在では既に切り替わっているそうです。

カエルのロゴでお馴染みレインフォレスト・アライアンスでは、持続可能な農業生産が求められており、その基準を満たしていることが認証条件になっています。

環境にも、社会にも優しいコーヒー豆を使用しているという事ですね!

普段メディアで取り上げられるところではありませんが、
流石はマクドナルドです。CSRにもしっかりと取り組んでおられます。

〜食事に合わせた深みとコクのある焙煎度合〜
この5種類のコーヒー豆はそれぞれに合った焙煎度合にローストされた後にブレンドされる“アフターミックス”の手法を取られています。

手間はかかりますが、その分コーヒー豆ごとに合った焙煎ができ、コーヒー豆本来の風味を引き出すことができるというわけです。


元々フレンチローストに近い深煎りで焙煎されていましたが、さらにほんの少しだけ深く焙煎し、濃度感をより感じる味わいに仕上がりました。

これは、マクドナルドのバーガーなど味の濃いフードメニューに合わせても「苦味・酸味・甘味」のバランスのとれた風味になるようにこだわられました。


〜カップのデザインにも変化が〜
これまで白ベースのシンプルなカップでしたが、今回のリニューアルを機にマクドナルドのロゴに使われている“ゴールデンイエロー”をベースとした温かみのあるカップに変わります。

何とカップのデザインに細工があり、5種類揃えると線がつながる・・・?
という説があるのでぜひ何杯も新プレミアムローストコーヒーを飲んでカップを集めてみませんか?


これだけリニューアルしたにも関わらず、これまでと変わらないのはサイズと価格になります。
Sサイズ 100円(税込) 175ml
Mサイズ 150円(税込) 300ml

税率が上がって懐が寒いなか、このお値段はかなり嬉しいものです。

新プレミアムローストコーヒーを飲んでみた感想


実際に“新プレミアムローストコーヒー”を飲んでみると、たしかに深みのある重厚感を感じました。

以前のはほのかな酸味を感じる爽やかさがありましたが、リニューアルしたコーヒーはしっかり苦味がありマクドナルドのボリュームあるメニューと一緒に食べるのに適していると考えられます。

リニューアルしたマックの新プレミアムローストコーヒー
新しいデザインのコーヒーカップ

新プレミアムローストコーヒーが無料で飲める!?


新しく生まれ変わった新プレミアムローストコーヒーは10月15日(火)から販売が開始されます。

販売開始に伴って、15日(火)〜18日(金)の14:00〜21:00までの期間に限り、この新プレミアムローストコーヒーのSサイズを無料で飲めることが発表されています。

マクドナルドさんは度々コーヒーを無料で提供してくださるので本当に優しすぎます。

※このキャンペーンは一部店舗では実施されない店舗があります。
※お一人様1回につき1杯限り
※ホットコーヒーのみ


この無料の期間にぜひリニューアルした新プレミアムローストコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?

追記|Mサイズが100円で飲める?

※2020年1月19日追記


2020年1月20日~2月2日までの間プレミアムローストコーヒーのMサイズが通常150円のところを100円で飲めるようになります。

Sサイズのおよそ倍ほどの量があるのに同じ値段で飲めるとなるとMサイズを頼むしかないですよね。


ぜひハンバーガーやデザートと共に頼んでみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました