水洗式(ウォッシュド)のコーヒー豆が美味しい!

スポンサーリンク
この記事は約9分で読めます。

水洗式のコーヒー豆とは?

水洗式とはコーヒーチェリーから生豆を取り出すまでの工程(『精製』)の1つで、
水で洗い流して取り出す特徴を持ちます。

一般的に”ウォッシュト(ウォッシュド)”と呼ばれます。

まずは簡単にコーヒーチェリーの構図について説明させていただきます。

コーヒーチェリー 構図

この構図を見てわかるように、
いくつかの膜や果肉などを取り除かないと生豆を取り出すことができません

それを踏まえた上で水洗式の精製方法をご紹介します。

コーヒーチェリーを収穫

果肉除去機(パルパー)で外皮と果肉を除去

ミシュレージを除去

乾燥させる

寝かせる

脱殻(だっかく)する

生豆を取り出す

パルパーで外皮と果肉を除去した後に発酵槽にて水に漬けて発酵・洗浄を行います。

水洗式にも種類がある?

同じ水洗式の中でもミシュレージを除去するまでにおいての工程に僅かな違いが見られます。

パルパーで外皮と果肉を除去した後、
発酵槽に漬けて発酵させてからミシュレージを除去するのをフルウォッシュド

発酵させた後、機械にて一気にミシュレージを除去するのをセミウォッシュド

発酵槽に漬けたままミシュレージを除去し、
洗浄して再度水に漬ける方法をダブルウォッシュド(ケニア式)』と呼びます。

この僅かな違いによってもコーヒーの風味は左右されます。

水洗式以外にの精製方法についての記事はこちらを参照ください↓

水洗式のメリット

  • 異物が取り除きやすく豆の均一性が高い
  • 乾燥後だと見分けづらい欠点豆を取り除きやすい
  • 質の高いコーヒー豆

水に漬けることによって、
小石などの異物だけが浮かびあがってくるため均一性に優れた方法として多くの国で採用されている精製方法となっています。

欠点豆や異物が少なく、質が高いコーヒー豆が揃うため
水洗式のコーヒー豆は一般的に
『スッキリとした酸味が特徴のクリーンなコーヒー』
といったイメージが持たれています。

水洗式のデメリット

  • 水を大量に使うため設備の整った環境が必要
  • 排水による汚染問題が発生する

大きな発酵槽に、大量の水を使えるだけの設備の整った場所というのは限られてしまいます。

また発酵し終わった排水は
環境汚染の原因としてあげられるといったデメリットがあるのも事実です。

排水を浄水する技術も進んできているため
これらの排水も浄水して再利用できるようになると
こういった問題も解決し、
より多くの国で採用されていくことが考えられます。

水洗式の美味しかったコーヒー豆

現在、
コロンビアホンジュラスメキシコグアテマラハワイ(アメリカ)を
筆頭に多くの国で水洗式が採用されています。

これまで私が飲んできた様々な水洗式のコーヒー豆の中から
いくつかおすすめのコーヒー豆を紹介していきたいと思います。

~Burundi ブルボンAA~

ブルンジ ブルボンAAは、
オレンジを感じさせる酸味や甘味
さらに鼻を抜ける柑橘系のスッキリとした香り
楽しんでいただけるコーヒー豆となっています。

これからの暑くなってくる季節に特におすすめしたいコーヒーです。

おすすめの焙煎度は”シティロースト”、
おすすめの淹れ方はアイスコーヒーにしてレモンを添えて飲む飲み方がオススメです。

レモンとの相性が良く、
より爽やかなコーヒーに仕上がります。

このブルンジ ブルボンAAはTips of coffeeにて
自家焙煎珈琲豆の販売を行っています。

ぜひ興味のある方は下のボタンから見てみてください↓

~ハワイコナ エクストラファンシー~

ハワイ島は気候の年間平均22~25℃と温暖な地域で
コーヒー豆の栽培に適した環境となっています。

そんなハワイ島のコナ地区はかなり乾燥した地域として有名で、
そこで栽培されたコーヒー豆は質の高いものばかりです。

ハワイコナの中でも大粒で高品質なコーヒー豆にのみ
エクストラ ファンシー」と付けることができます。

このハワイコナ エクストラファンシーは、
みずみずしい口当たりとキレのある風味
目覚めの1杯におすすめのコーヒーとなっています。

おすすめの焙煎度は”ミディアムロースト”、
ウェーブドリッパーにて雑味を最小限に抑えた淹れ方がおすすめです。

~Kenya マサイAA~

ケニア マサイAAは深い焙煎にすることによって
酸味が抑えられる分、まろやかな甘味とコクがでてきます。

飲みごたえがあり、ケニア独特のスモーキーな香りがクセになります。

おすすめの焙煎度は”フルシティロースト”、
ハリオv60で濃度を調節しながら淹れるのがオススメです。

~Colombia サントゥアリオ農園~

コロンビア サントゥアリオ農園は、
豊かなフレーバーを感じながらしっかりとしたボディで
非常にバランスのとれたコーヒーとなっています。

特にイチゴのような甘酸っぱい酸味
カカオの深いコクを思わせる風味を感じました。

おすすめの焙煎度は”シティロースト”、
ミルクとの相性が良いためカフェオレにして淹れるのがオススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました