ファミマのコーヒーが新しくなったので試してみた

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

今回はファミマのコーヒーマシン”FAMIMA CAFE”が
新しくなったので実際にコーヒーを飲んで試してみました。

新型コーヒーマシンは2018年10月から順次導入され始め、
2020年2月ごろ完全に移行するそうです。

2019年に入り近所でも見かけるようになりましたので、
厳しい寒さのなか近くのファミマまで足を運んでみました。

新型と言われるだけはあり、
なかなかにスタイリッシュな佇まいをしております。

これは飲む前から非常に期待ができます!

ファミマのコーヒーマシンは何が変わったのか?

大きな変更点としては以下の3つのようです。

  1. エスプレッソ式からドリップ式へ
  2. スペシャリティコーヒーの導入
  3. 最新のミルクシステムを搭載

エスプレッソ式からドリップ式へ

エスプレッソ式からドリップ式へ変更されることで何が変わるのでしょうか?

ざっくりいえば表面に泡があり苦く雑味が強いコーヒーから、
クリアであっさりしたコーヒーに変わるといったところです。

従来のエスプレッソ式とは圧力を掛けて急速に抽出する方法で、
マシンの性能と低品質なコーヒーが合わさりハッキリと申し上げると、
美味しくなかったと思います。(※個人的主観に基づく意見です)

今回マシン内の抽出方法がペーパードリップに変わることで、
表面に浮いた泡と雑味の大部分はペーパーに吸着され、
クリアでより飲みやすいコーヒー変わったと思います。(※個人的主観)

味については好みが分かれる可能性がありますが、
コーヒーの品質は以前と比べ間違いなく向上していると思います。

スペシャリティコーヒーの導入

今回のファミマ新マシン導入による変更点のなかで、
個人的にもっとも注目しているのがスペシャリティコーヒーの導入です。

スペシャリティコーヒーとは簡単にいえばトレーサビリティが、
しっかりとした品質の高いコーヒーのことを指しています。

スペシャリティコーヒーの話はいろいろとややこしい面がありますので、
ざっくりと品質が高い豆を使っている程度の認識で問題ないと思います。

ちなみに今回はエチオピア、さらにあのイルガチェフェ地方に産地を限定しているとのこと。
コーヒー好きであれば一度は試さずにはいられませんね!

ふわふわのミルクを導入

心躍らせながらレジへ向かうと、レジ前にも何やらメッセージが、、、

〜深いコクとすっきり後味のドリップコーヒー、ふわふわミルクのカフェラテを召し上がれ〜

これは非常にそそられるフレーズです。

ふわふわミルクのカフェラテはずるい!
ですが、牛乳が苦手なので、ふつうにコーヒーにします。

実際にファミマの新しいコーヒーを飲んでみて

ファミマ スペシャリティコーヒー

お値段なんと税込180円とかなり安いのに、
かなりの高クオリティでした。

普通にエチオピアらしい風味も出ており美味しかったです。
ちなみにコーヒー豆自体は味を見た感じ浅煎りだと思います。

エチオピアの酸味と香りがしっかり出ており、嫌な渋味、雑味もほとんどない。
これはもはや文句なしです!

ただ爽やかな酸味が苦手、または深煎り苦味派の人はお口に合わないかもしれないですね。

続けて飲んだ新しいブレンドコーヒーも普通に美味しかったです。

参考までにお値段の方も載せておきます。全て税込です。

  • ブレンドS 100円
  • ブレンドS(濃いめ)100円
  • ブレンドM 150円
  • ブレンドM(濃いめ)150円
  • スペシャルティコーヒー 180円
  • カフェラテM 150円
  • アイスコーヒーS 100円
  • アイスコーヒーM 180円
  • アイスカフェラテM 180円
  • 抹茶のラテ、ココア等 150円
  • ホットミルク 100円
  • フラッぺ 270円〜
タイトルとURLをコピーしました