エチオピアのゲイシャ飲んでみた

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

エチオピアのコーヒー栽培

今回飲んでみたコーヒーはエチオピアにあるシダモ州のコーヒーです。

エチオピアのコーヒーは一説でコーヒー発祥の地とされているほど、
歴史が長く、温暖な気候と充分な雨量から良質なコーヒー豆が、
数多く生産されています。

ゲイシャとは?

ゲイシャといえば2004年のコーヒー品評会”ベスト・オブ・パナマ”で世界最高落札価格を更新してから、一気にコーヒー業界でバズッたまさに21世紀を代表するコーヒー品種です。

一番の特徴は他の品種と比べても圧倒的なほどの香り高さで、
普段コーヒーを飲まない人からしても明らかな香りのインパクトがあります。

またゲイシャ種はアラビカ種の一種ですが、
他の一般的なアラビカ種と比べて収穫量がおよそ半分ほどと低く、
その希少性も相まって爆発的な人気を誇っています。

エチオピアのゲイシャ飲んでみた

ゲイシャといえばパナマといった感じですが、
最近は至る地域で栽培されており、今回はエチオピアのゲイシャを飲んでみました。

特徴的なゲイシャ種の香りは残しつつも、あっさりした程よい酸味が美味しかったです。

タイトルとURLをコピーしました