ハンドドリップに必要な器具一式を揃えるならHARIO v60がオススメ!

スポンサーリンク
この記事は約19分で読めます。

「家でハンドドリップコーヒーを始めたいけど何から揃えればいいのか全然わからない」

そんな人にぜひオススメしたいのが『HARIO v60』シリーズです。

HARIO v60シリーズでコーヒー器具一式を揃えれば
まず美味しいコーヒーを淹れることができることでしょう。

コーヒーを淹れるために何を揃えればいいのか?

家でコーヒーを淹れるために最低限必要なのは、
・ドリッパー
・コーヒーサーバー
・ペーパーフィルター
・ドリップケトル
の4点セットになります。

今や数多くのメーカーがこのようなコーヒー器具を販売しているため
初めてコーヒー器具を購入する人は特にどのメーカーの商品がいいのか
わからず悩んでしまいます。

そこで今回私が紹介するのは、
ハンドドリップコーヒーを初めて淹れる方でも
これを一式そろえておけば十分美味しくコーヒーを淹れることができる
商品となっています。

それは『HARIO v60』のコーヒー器具です!

コーヒー初心者の方でも名前を聞いたことがあるほど
有名なハリオを代表する商品となっています。

これほど注目を浴び続けている
v60の魅力とは一体何なのでしょうか?

HARIO v60の魅力とは?

HARIO v60には主に
ドリッパーコーヒーサーバードリップケトルスケールグラインダー
があります。

この中でも特にドリッパーはコーヒーを淹れる人ならほとんどの人が持っているのではないかと思われるほど人気の商品となっています。

HARIO v60のコーヒー器具の大きな特徴として以下の3つのポイントが挙げられます。
・コスパが良い
・種類(サイズ、カラー)が豊富
・シンプルだけどオシャレなデザイン

コスパがいいから安心して使える

v60のコーヒー器具はリーズナブルな価格なのに
丈夫なものが多く、コスパが良いとされています。

またコーヒー初心者の方でも扱いやすい
コーヒー器具が揃っているので気軽に手に取りやすいといった魅力もあります。

せっかく購入するのだから比較的安価で、長く愛用できるものがいいですよね。

種類が豊富だからお気に入りが見つかる

商品を選ぶポイントの一つとしてサイズカラーも気になるところです。

HARIO v60では、1回で淹れるコーヒーの杯数に
応じた様々なサイズが用意されており、1~6杯まで対応可能です。

さらにカラー展開もいくつかあるので
自分の好みにあったモノを見つけれることでしょう。

シンプルだけどオシャレなデザイン

基本的にシンプルなデザインの
ものが多いため心を落ち着かせてドリップに集中することができます。

またインテリアとして置いても馴染むことでしょう。

ハリオv60 コーヒー器具一式

HARIO v60のコーヒー器具一式を紹介!

HARIO v60はドリッパーを中心に人気のコーヒー器具がたくさんあります。

じっくり吟味して最高のパートナーを探しましょう!

v60 ドリッパー

v60のドリッパーは
大きな一つ穴の円錐型で、注がれたお湯がドリッパーからの制御を受けることなく抽出されるため雑味の少ないスッキリとした風味になる特徴があります。

ただし、慣れてくれば注湯のスピードによって風味をコントロールすることができるため自分だけのコーヒーを淹れることができます。

もう一つの特徴としてひねりの加わった”スパイラルリブ”が挙げられます。
そもそもリブ(溝)とは、コーヒー粉を蒸らす際にコーヒー粉の膨張を妨げないように空気を外に逃がすために設計されています。

そのリブに高く、ひねりを加えることでドリッパーとペーパーとの間に空気の抜け道ができ、キレイなコーヒードームを作り上げることができます。

非常に優れた機能性はプロの現場でも選ばれており、WBCなどといった競技会でも使用されるほどの実力者です。

このv60のドリッパーは4種のラインナップが揃っております。
(サイズはそれぞれ1~2杯は01、~4杯は02、~6杯は03)

4種は素材が異なり、
プラスチック製、セラミック製、耐熱ガラス製、金属製となっています。

初心者の方にはまずプラスチック製をオススメします。
1番扱いやすく、価格もリーズナブルでお手入れも簡単です。

形から入りたいといった方にはガラス製や金属製のものがオススメです。

見た目がとにかくおしゃれですが、どちらも熱伝導率が高いためコーヒーの温度を下げないメリットがある反面、取り扱いには十分な注意が必要となります。

相場:¥440~¥3,850

v60 コーヒーサーバー

v60のコーヒーサーバーは抽出量のメモリとカップ数がサーバー本体についているので、スケールを持っていない初心者の方でも安心して使用することができます。

また、シンプルな構造で手入れが楽などのポイントも挙げられます。

サーバーといえばガラス製のものが主流ですが、
ハリオv60には保温性に優れたステンレス製のコーヒーサーバーもあるのでそちらも一緒にチェックしてみてください。

真空断熱・二重構造でコーヒーの風味を長くキープしてくれます。

相場:¥990~¥3,850

v60 ドリップケトル

ハンドル(持ち手)が波型になっていて、手にフィットしやすいため安定の注湯を可能とするのがv60 ドリップケトルです。

細い注ぎ口は、お湯量のコントロールにたけているためコーヒーの風味を自分で調整することができます。

少し値が張りますが、
温度調節機能付きのドリップケトルも販売されています。

温度計で測る手間をはぶき、さらに保温機能も搭載されているのでいつでも好きな温度でコーヒー抽出することができます。

相場:¥3,850~¥22,000

v60 ドリップスケール

スケールはなくてもコーヒーを淹れることができますが、
美味しく淹れたいのであれば持っていたほうが良いです。

正確に測ったほうが風味が安定します。

さたにこのスケールにはタイマーもついているので、
重さを測ると同時に抽出時間も計ることができます。

最初に揃えておいて損はないです。

相場:¥6,600

v60 電動コーヒーグラインダーコンパクト

こちらの電動コーヒーミルはコニカル式となっています。

コミカル式のコーヒーミルの大きな特徴は、
エスプレッソ用の極細挽きまでの粒度調節を可能とすることです。

現にこのコーヒーミルもエスプレッソ用の極細挽きから
プレス用の粗挽まで39段階の粒度調節ができるので
抽出方法にあった挽き目にコーヒー豆を挽くことができます。

挽いた粉を受ける粉受けはついていませんのでご注意ください。

相場:¥16,280

おうち時間を快適にしてくれる1杯を

コーヒーを自宅で淹れ始めるにあたって
必要最低限揃えておきたい器具として
ドリッパーコーヒーサーバーペーパーフィルタードリップケトル
をあげました。

ハリオv60シリーズであればこれらのコーヒー器具を
1万円あれば余裕で揃えることができます。

これほどリーズナブルな価格で十分美味しいコーヒーを淹れることができます。

自宅でハンドドリップを始めたいけど
何を買ったらいいのかわからなくて困っている人は
一度v60シリーズのコーヒー器具を見てみてください。

私も初めてコーヒーを淹れようと思ったとき
ハリオのv60で揃えました。

毎日コーヒーを淹れていくうちに違う素材の器具だとどうなるのか、
など興味が湧いてきて色んなコーヒー器具を揃えるようになりました。

まずは簡単に美味しいコーヒーを淹れたい!
という方にはハリオのv60シリーズをオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました