フレンチプレスで簡単水出しコーヒー

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

水出しコーヒー用のポットや、
1ℓサイズのポットを持っていなくても水出しコーヒーを淹れる方法とは…

困ったときの救世主「フレンチプレス」

こんなときに助けてくれるのは、「フレンチプレス」です。

水出しコーヒーというのは、コーヒー粉と水が長時間触れ合うことで抽出されるクリアなコーヒーで、フレンチプレスもコーヒー粉とお湯が長時間触れ合うことでコーヒー豆本来の味を引き出すという、とても抽出方法は似ていますよね。

お湯を水に変えて、時間を長くするだけなので味も安定して淹れられるため非常に期待できます。

気になる水出しコーヒーの淹れ方は…

必要な物

・フレンチプレス
・コーヒー豆
・スケール
・コーヒーミル
・ドリッパー(必要な方は)
・スプーン

以上の物があれば淹れることができます。

プレス水出しコーヒーの抽出方法

気になる抽出方法は、プレスに似ているところが幾つかあります。

まずコーヒー豆をフレンチプレスと同様に粗挽きで必要量挽きます。
コーヒー豆と水の比率は1:10が1番美味しく安定した風味を引き出せます。
今回は20gで200mlの抽出(1杯分)を行います。

挽いたコーヒー粉をフレンチプレスにセットしたら200mlの“水”を注ぎます。

ここでワンポイント!
注いだ水とコーヒー粉がよく馴染むように上の方を刺すようにザクザクとスプーンを入れます。
1時間おいてからこの作業をする方法もありますが、私はできるだけ作業を1度にまとめて後は放置する方法をとりたいので注いだ直後にスプーンを入れます。

そうしましたら、プレスにラップをかけて冷蔵庫にて約8時間漬け置きます。
本当はプランジャーを上げた状態で置いておきたいところですが、常温で置いておくと後で結局冷やす作業を行わないといけないのと、冷蔵庫にプランジャーを上げた状態で入れるのは高さをとって入らないため代わりにラップをかけて冷蔵庫に入れます。


8時間経ったら冷蔵庫から出し、ここで2つ目のポイント!
抽出されたコーヒーをペーパーフィルターで濾過し、クリアな味わいにします。
やはり水出しコーヒーの最大の特徴であるクリアでなめらかな口当たりを出すためにはこの作業をしてほしいです。

もちろんこの作業をしなくてもプランジャーを下げて完成しても味に問題はなく美味しく飲めます。
これは好みにお任せしますが推奨するのは濾過してから飲む方法です。

これで抽出完成です。

飲んでみた感想

クリアでなめらかな口当たりなのにしっかりと苦味を感じる飲みごたえのあるコールドブリュコーヒーの印象を受けました。
今回淹れたのは“グアテマラSHB”で、水出しコーヒーにしてもほのかな甘みをしっかり感じることができたのは驚きました。

1〜2杯分の仕込みでいい人や、大きなポットを持ってない人などはフレンチプレスで水出しコーヒーを淹れてみてはいかがでしょうか?
最後までお読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました