コーヒーに○○を!?アイスクリームとの相性

近頃、コーヒーにアイスを入れる動画をよくインスタなどのSNSで目にします。

チョコレート味の棒アイスをホットコーヒーにそのままダイブさせたり、はたまたアイスコーヒーをアイスボックスに注いだりと色んな組み合わせが見られています。

こうなってはやってみるしかないですよね!

コーヒーに合うアイス候補者

コーヒー豆の風味にもよりますが、コーヒーに合うと考えられるアイスをいくつか挙げてみました。

・アイスボックス
・チョコ系の棒アイス
・バニラアイス

合わせた結果

それぞれに合わせたレシピと味の変化についてまとめていきます。

①アイスボックス×アイスコーヒー


初めからすごい組み合わせで淹れてみましたが、
「うーん、別々でいいかな。」
というのが率直な感想です。

初めの一口はほのかにグレープフルーツの香りがするアイスコーヒーで、
「これは美味しいかもしれない!」と思いましたが、アイスボックスが溶ければ溶けるほどこのグレープフルーツの風味がコーヒーの苦味とケンカを始めてまとまりのない風味になったように感じました。

アイスコーヒーに何粒が入れるくらいがちょうどよく合わさるのかなという結果です。

<レシピ>
コーヒー豆 14g(グアテマラSHB)
お湯 110ml(90°)
抽出時間 1:34(内蒸らし30秒)
抽出器具 ハリオv60
氷 50g

②チョコ系の棒アイス×ホットコーヒー


チョコレート味のアイスクリームとコーヒー、これは期待できそうな組み合わせだと考えられます。

というのもコーヒーのフードペアレントの基本は、同じ風味同士を合わせることにあります。
つまり、コーヒーの中でもカカオやチョコレートの風味を感じられるコーヒー豆をチョイスすると合うのではないか、という風に考えられますよね。


チョコレートの風味を感じるチョコとの組み合わせに定評のある“グアテマラ”のコーヒー豆で検証を行うことにしました。

<レシピ>
コーヒー豆 13g
お湯 140ml
抽出時間 2:03
蒸らし 30秒
抽出器具 Kalita 3つ穴式


まず普段と同様にペーパードリップにてコーヒーの抽出を行います。
後にアイスを入れることからいつもよりほんの気持ち濃ゆめの分量にしました。


後は抽出したコーヒーを淹れたカップにチョコアイスをそのまま入れるだけです。


率直に言って微妙です。
ホットコーヒーに冷たいアイスを入れるので中和して飲むときにはぬるい温度になっていますし、思ったよりもチョコを感じず、ただただぬるいコーヒーを飲んでいるような気分になりました。

もう少しモカコーヒーのようになると予想していたので衝撃がすごいです。

ということでモカコーヒーのレシピを今回は夏ということでアイスバージョンでご紹介させていただきます。


<アイスモカコーヒーのレシピ>
お好きなコーヒー豆 13〜14g
お湯 110ml
氷 60g
牛乳 80ml
チョコソース お好みの量

まず急冷アイスコーヒーを抽出します。
(コーヒー抽出の際にサーバーに氷10gをセットして抽出するとできます。)

そうしましたら、まずカップにチョコソースを底が見えなくなるくらい入れます。
チョコソースは板チョコなどを溶かしたものか市販のチョコソースかどちらでも構いません。

ちなみに甘いのが苦手な方はビターチョコで作るのがおすすめです。


続いて牛乳を80ml加えよく混ぜます。
もしロングマドラースプーンを持っている方はマドラーを縦に上下動かしてチョコと牛乳を混ぜるとより混ざりやすくなります。

ロングマドラースプーンを持っていない方でも箸やカップの形によっては普通のティースプーンで混ぜることができるのでご安心ください。

よく混ぜ終えたら氷を50g入れ、抽出したコーヒーを注ぎます。
ここでもしっかり先ほどと同様によく混ぜ合わせてください。


最後に仕上げで私は生クリームとその上にチョコソースをかけて完成です。
生クリームやチョコソースが苦手な方は乗せないでそのまま完成となります。


ちなみになぜチョコソースを加えたコーヒーを“モカコーヒー”と呼ぶかと言いますと、モカコーヒー自体がカカオやチョコのような香り、風味を持っていることからきています。

モカコーヒーについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください↓

③バニラアイス×アイスコーヒー


これはもう王道の組み合わせではありますが検証してみましょう。
(決して飲みたかったからというわけではありません!)


よくカフェなどにいくと「コーヒーフロート」というメニュー名で販売されているのがアイスコーヒーにバニラアイスを載せたものになります。

こちらは割といろんなコーヒー豆と相性がよく、幅広い年代の方に好まれているアレンジコーヒーの1つです。


<レシピ>
コーヒー豆 13g
お湯 100ml
氷 70g
バニラアイス ディッシャー1すくい分


急冷で淹れたアイスコーヒーの上にバニラアイスを載せただけの簡単なレシピなので誰でもご家庭で作ることができるのも嬉しいポイントですね。

結論として


案外コーヒーとアイスクリームを掛け合わせるのは難しいことでした。
コーヒーフロートが定評のある理由もわかりますし、シンプルにドリップコーヒーを飲むのが1番だとも改めて感じさせられました。


意外な組み合わせが実はあるということも考えられますのでこれからも様々な検証から美味しいコーヒーを追求していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました